2018/1/11

高野連、夏や地方もタイブレーク 十三回無死一、二塁で開始

日本高野連は10日、今春の選抜大会から導入することが決まっているタイブレークを、夏の全国選手権大会や地方大会でも一律に採用することを決めた。延長十三回無死一、二塁から開始。決勝だけは延長十五回まで行い、同点の場合は引き分け再試合(再試合ではタイブレークを適用)とする。全国大会から都道府県大会まで、ほぼ全ての公式戦でタイブレークが実施されることになる。
 タイブレークは走者を置いて攻撃を始める特別ルール。得点を入りやすくすることで、試合の早期決着を図る狙いがある。
 タイブレークの導入は、選手の健康管理などの観点から、日本高野連が2014年から議論してきた。

内容を読む
タイムテーブル