2018/2/22

スピード女子団体追い抜き「金」 メダル最多11個に、第13日

【平昌共同】平昌冬季五輪第13日の21日、スピードスケート女子団体追い抜き決勝で、日本は高木美帆(23)、高木菜那(25)、佐藤綾乃(21)の布陣で2分53秒89の五輪新記録をマークしてオランダを破り、金メダルを獲得した。
 日本のメダルは11個で、1998年長野五輪を上回り冬季大会最多となった。今大会の日本の「金」は3個、通算では13個。
 高木美は1500メートルが2位、1000メートルが3位で金、銀、銅のメダルを得た。
 カーリング女子、LS北見の日本はスイスに敗れたが、米国がスウェーデンに敗れたため男女を通じて日本勢初の4強入りを決めた。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル