箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後 城西大学・櫛部静二監督

2021.01.02

―往路13位という結果について

3、4区がちょっとかなり遅れたので、特に3区はちょっとスタミナ不足かなというのがあったんですけど。4区がちょっと、予想以上に遅れたのでそこが痛かったですね。

―梶川選手の状態は?

コンディションは悪くはなかったんですけどね。やっぱり初めてなので、緊張とかあったんじゃないでしょうかね、まだ聞けてはいないですけども。

―当初の青写真はどう描いていた?

全日本のイメージで、まずは1、2区をという風に考えていたのですが、そう甘くはないので、2区を終わった時点で先頭が見える位置でと思っていた。でも2区の菊地も差し込みが来ていきなり遅れたりしたので、そこは30、40秒もったいないなあと思いました。途中で治ってそこから頑張って押し上げてはくれましたが。

―5区で1年・山本を起用。意図、起用決めた時期は。

登りの適性があるのはずいぶん前から分かっていましたので、かなり早くから準備はさせていました。毎年春に坂道とかをやる練習があるので、そこでまずチーム内で向いている者を見つけ出して、夏を終えてという感じです。夏にはイメージは固まっていました。山本は1年生でよくやってくれたと思います。チーム的には厳しい、かなり厳しい順位まで落ちてしまったんですけど、1年生に救われたという感じですね。もともと5区は作らなきゃいけないチームだったので、そこで走れたのはよかったと思います。

―他校を含めた全体のレース展開について。

やっぱり、本当に僅差ですよね。誰かがミスをするとすぐ後ろから来る。それが今の箱根駅伝なんだなあと思いましたね。

―復路起用はどうイメージ?

いくつか変えるつもりなんですが、じっくりと考えます。

―復路の展望は。キーマンは誰になる?

往路で自信を持っていた部分があるんですけど、やってみないと分からない部分があるんで。そこはしっかり、各選手たちが持ち場を走りきってほしいなと思います。キーマンについては個々で突出した選手がいないので、全体的にはチームとしていい形でやれているので、そこはその勢いを出してくれたらいいなと思います。

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.