箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後 帝京大学・中野孝行監督

2021.01.02

ー今日のレースの振り返って

昨年の一年を象徴するような大会だったと思う。というのも本当に、昨年のがまんがまん、辛抱というのが今日一日に集約されたような気がする。

ー我慢という言葉があったが、1,2区ちょっと想定外だったのかなと思ったが、どう感じていましたか

彼らは自信もって1,2区やってたので彼らの頑張りはほめたたえたいと思う。4年間しっかりやってくれたし、二人とも1年の試合の時に走ってなかったんですよね、で、2年3年4年と走って、本当にチームの柱として支えてくれた。今日も彼らの頑張りがあったから、アンカー5区の細谷の区間賞に導いてくれたのかなと思う。

ー3区の遠藤君から巻き返しがあったと思うが、監督が選手に驚いた部分、この頃はすごいなと思った部分はどのあたりか

いろいろ靴の開発のおかげで、数字が上がったり、トラックの記録も極端に上がっているのだが、実は箱根駅伝ていうのはそれとは違うものがあるのではないかと思うし、レース自体もでこぼこあって本当に苦しい戦いだったと思う。箱根駅伝とはそういうものだと思うし、今後これからも未来の箱根駅伝を目指す学生たちのしっかり練習した者が上位にくるんではないかなということを、象徴した大会ではないかなと。何かに頼るんではなく、箱根駅伝ってスポーツであってスポーツではないんではないか、箱根駅伝道というものがここ最近感じている。しっかりやることが大切だと実感した。

ー復路に向けての抱負

学生たちが目標にした往路3位はかないませんでしたが、3位が見える4位、あとトップと2分30秒の差ということは未来は明るいと思う。それにむけてチャレンジしていきたいと思う。

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.