GENERATIONS佐野玲於、JP THE WAVY、ELIONEと三人で放送事故ギリギリの“無音しりとり”~12月1日「佐野玲於のCultureZ」

GENERATIONS佐野玲於、JP THE WAVY、ELIONEと三人で放送事故ギリギリの“無音しりとり”~12月1日「佐野玲於のCultureZ」

Share

12月1日に放送された「佐野玲於の水曜CultureZ」(文化放送)では、急遽ゲストに佐野の親友であるアーティストのJP THE WAVY(ジェイピー・ザ・ウェイビー)とELIONE(イーライワン)が登場した。

番組冒頭、「今夜はノリで僕の親友お呼びしちゃいました」と2人を呼び込んだ佐野は、「ウェビくんは昨日深夜いきなり“明日ラジオ行っていい?”って連絡が来て、2人でやろうってなって、そしたら今日の夕方、たまたまコーヒー屋でワン君に会ったからとりあえず“24時半に文化放送で”って伝えて…」と、放送当日に急遽ゲストが決まった経緯を明かし、ELIONEは「気づいたらここ(ブース)にいたので多分拉致られてます」と笑った。

「マラソン行ったりとかゲームしたりとか、お仕事っていうか親戚みたいな関係性」「ワン君が来ることで相当な実家ムードが出ちゃうので…今日僕仕事にならんかも」という佐野の前置きの通り、2時間、始終プライベート感満載のトークが繰り広げられた。

番組中盤ではJP THE WAVYによる持ち込み企画「無音しりとり」が行われた。もともと3人がプライベートでよくやってるとのことで、その雰囲気をお届けする意図の企画だったが、案の定弾まず、JP THE WAVYは「俺はいつもの小ボケのつもりで “2時間しりとりやろうぜ”って(佐野に)LINEして。そんなんもちろん噓ですよ」「ここ来て台本開いて『しりとり』って書いてあるの見て、この人たちほんとに…?ってなった」「しりとりは面白くないのよ」と反省した様子を見せた。

しかしリスナーからの評判はそこそこ良く、「求めてくれる人がいるなら」と番組後半にもう一度挑戦する流れに。結果、再び微妙な空気となり、エンディングでJP THE WAVYのガールフレンドであるアーティストのNiinaから「全員本領発揮できてなさすぎて続編必要で草」とダメ出しが送られてくる始末となった。それを受けJP THE WAVYは「すごい色々発見もあったし、改善しなきゃいけないなって思うところも沢山あったし、すごい勉強になる一日でした」と総括し、「続編やってもいいですか」とリベンジを所望。佐野は「皆さん、続編は近日公開となります。」と再びのコラボを匂わせた。

「佐野玲於のCultureZ」は毎週火曜日25時~27時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


佐野玲於のCultureZ

佐野玲於のCultureZ

水 25:00~27:00

毎週水曜日深夜1時から、「半径2メートルの””面白い””を集めよう」をコンセプトに、 アーティスト・佐野玲於が…

ページTOPへ