史上初!? “真夜中の卒業式” 開催 土佐兄弟、卒業式あるある Web動画公開! 特別インタビューも

史上初!? “真夜中の卒業式” 開催 土佐兄弟、卒業式あるある Web動画公開! 特別インタビューも

Share

株式会社文化放送(本社:東京都港区、代表取締役社長:斉藤 清人)は、土佐兄弟が出演する Web動画「卒ある 土佐兄弟の卒業式あるある」を3月16日(火)より公開いたします。本動画は、3月22 日(月)に放送される、文化放送 CultureZ の特別企画「土佐兄弟の CultureZ みんなでつくる真夜中の大卒業式」を記念し、制作いたしました。

文化放送「土佐兄弟の CultureZ みんなでつくる真夜中の大卒業式」放送決定のお知らせ

本企画は、例年通りの卒業式開催が難しかった卒業生たちのために、ラジオ番組で卒業式を行い、新たな門出を祝う目的で実施します。番組は、事前にリスナーから募集した“卒業式あるある”や、卒業式ソングリクエストを随所に散りばめながら進行していきます。番組にゆかりのあるゲストの来賓としての出演や、Zoomを繋いで卒業生リスナーの名前を読み上げるなど、様々な企画を用意しております。
また、放送に先立ち公開されるWeb動画では、人気芸人・土佐兄弟が、卒業式に現れる様々な先生や生徒、 来賓者を演じながら“あるある”を紹介していくという内容となっています。
さらに、本放送をもって月曜CultureZから卒業する土佐兄弟から、コメント動画と特別インタビューをいただきました。番組への意気込みや卒業式の思い出について話す貴重な内容となっています。

<Web動画「卒ある 土佐兄弟の卒業式あるある」YouTube URL>

特別企画「土佐兄弟の CultureZ みんなでつくる真夜中の大卒業式」について

<文化放送「土佐兄弟の CultureZ みんなでつくる真夜中の大卒業式」視聴 URL>

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

■番組概要:
文化放送にて、毎週月〜木曜日深夜1時から放送中の「CultureZ」。リスナーと一緒に“次のおもしろい”を探す コンテンツポータル的ラジオ番組です。
3月22日(月)では「土佐兄弟の CultureZ みんなでつくる真夜中の大卒業式」を放送予定です。この春も、 普段通りの卒業式を行えなかったリスナーも多かったと思います。そこで、土佐兄弟のCultureZで、そんな卒業生リスナーの門出を祝いたいと思います。

■日時:3月22日(月)25:00〜27:00

■配信:文化放送「土佐兄弟の月曜 CultureZ みんなでつくる真夜中の大卒業式」
※1週間タイムフリー聴取可能

■企画内容:
企画1「卒業証書授与〜卒業生リスナー編」
番組に応募してくれた卒業生リスナー全員と、Zoom を繋げながら、お名前を読み上げます。また、応募者の中から、数名には番組内で直接、学校生活などのお話をお聞きします。
また、今年は卒業生ではないけど、「間食を卒業しました」など、何かから卒業したリスナーからも応募を募ります。
さらに、応募者全員の各々の名前が入った番組オリジナル卒業証書画像をプレゼントします。
応募フォームURL:https://form.run/@joqr-cz-sotsugyou ※3月19日(金)18時〆切

企画2「卒業生リスナーへのエール音源募集」
在校生リスナー、先輩リスナーのみなさんから、卒業生リスナーへのエール的音源を募集します。卒業ソング歌唱、オリジナル卒業漫才、社会人の心得、大学デビューのコツなど、レギュラーコーナー「君も Podcaster」のようなオリジナル音源を募集します。
応募フォーム URL:https://form.run/@joqr-podcaster

企画3「卒業式ソングリクエスト」
リスナーのみなさんから思い出の卒業ソングを募集します。卒業エピソードを添えて、cz@joqr.netまでお送りください。

企画4「ゲストからの祝辞」
Da-iCEの工藤大輝さん他、番組にゆかりのある豪華ゲストからの祝辞を紹介します。

Web動画「卒ある 土佐兄弟の卒業式あるある」詳細

本動画では、土佐兄弟が 15 個の“卒業式あるある”を、様々な先生や生徒、来賓者などになりきって披露します。卒業生が一言ずつ思い出を叫ぶあのスタイルで、“あるある”を紹介していくというユニークな演出となっています。

【詳細・キャプチャ】
<Web動画「卒ある 土佐兄弟の卒業式あるある」YouTube URL>

■土佐兄弟の“卒業式あるある”一部紹介
・「お前ん家の親どれ?」って聞いてくるヤツ
・めっちゃ声かけてくる親しくない用務員さん
・気楽な2年の担任
・感情なし来賓
などを含む、計15ネタ

土佐兄弟 コメント動画・特別インタビュー・プロフィール

本企画の実施を記念して、本放送をもって月曜 CultureZ から卒業する土佐兄弟からコメント動画と特別インタビューをいただきました。番組への意気込みや卒業式の思い出について話す貴重な内容となっています。

【コメント動画】

―3 月 22 日(月)の放送に向けた意気込みを教えてください。

有輝「みんなでつくる真夜中の大卒業式』ということで、我々がやっている CultureZ という番組は、その名の通りみ んなで作る番組でございます。リスナーのみんなから結構イジられたり、リスナーのみんなから来たメールに言葉を返したり」

卓也「台本に、リスナーのみんなから来るメールが頼りですって書いてあるから(笑)」

有輝「そうですよ!ですから、卒業しない人達は卒業する人達を一緒に送り出したりとか、本当にみんなで作って、 全員で温かい番組にしていきたいなと思っておりますので、よかったら、ぜひぜひみんなで聴いて、みんなで卒業式を作りましょう!」

卓也「よろしくお願いします!」

【特別インタビュー】
―月曜 CultureZ 卒業に対してひとことお願いします。

卓也「やっぱり寂しいですけど、その分、今まで週二回やってたものが週一回になるので、火曜日の放送でより濃密に、より無駄なく、よりぎゅっとした楽しい放送ができればと思っています」

有輝「自分は『卒業します。お疲れ様でしたー!火曜日頑張ってください』みたいな軽い感じになるかなってちょっと 思ってたんですけど、色んなメッセージとか、メールとかもそうですけど、結構『残念です』という声をたくさんいただいて。 『あ〜こんなに愛されてたんだな』っていうのを感じてて。みんなはそんな風に思ってないだろうなと思っていたのに、良い意味で裏切られたというか…それがすごく嬉しかったですね。グッときました」

―卒業式の思い出エピソードについて教えてください。

有輝「高 3 の卒業式の時に、僕はもうお笑い芸人をやるという風に決まってて。学校のみんなも『土佐お笑い芸人になるんでしょ?』みたいな。で、みんなから『今のうちサイン貰っておいていい?』って言われて『おぉん』って言って、サインを初めて作ったんですけど。その、卒業式で初めて書いたサインがそのまま今のサインになって。いま、同級生のみんなの卒業アルバムにはそのサインがあると思うんですけど」

卓也「むちゃくちゃ素敵なエピソードだな(笑)」

有輝「いつかビックになるね』って言って。ただ一個だけ違うのが、そのときは土佐兄弟っていうコンビ名じゃなくて『セブンアップ』っていうクソダサいコンビ名だったんで、みんなのアルバムには『セブンアップ』って書いてあるんですよ。なのでおそらく、なんのこっちゃわからない謎のサインではあるんですけど、“有輝”っていう字は今も変わらず同じように残っているので…(笑)」

卓也「中高と男子校だったんですよ。だからいわゆる“第二ボタン”とか“女の子と”とか、そういうのがなくて。卒アルに 寄せ書きとかもなかったですから。僕は本当に、同級生全員白紙の卒アルがあるんですよ。かっこいいと思ってるわけ ではなくて、必然的に白紙になったっていう(笑)。なので、そうですね…思い出っていうと、ラジオでも一回話したんですけど、アメリカとかの卒業式で帽子をふわっと空に上げるようなノリで、そういうイベントごとが好きなので、みんなで 学ランを 100 人ぐらいで空に投げようって言って投げて。バーッと落ちてきて、もう誰が誰のかわからなくなって。だから 僕の家には『サトウコウスケ』ってやつの学ランがあるっていう。もうぐっちゃぐちゃになって分からないから「いい、いい、拾ったやつ持って帰ろう」って言って。そういう思い出がありますね」

―思い出の卒業式ソングについて教えてください。

有輝「卒業式ソングじゃないんですけど、『小さな恋の歌』ってあるじゃないですか。ドラマ『プロポーズ大作戦』でかかっていて、僕らの世代はそれを見てよく聴いていて。中三の時、僕すごい好きだった女の子がいて、ドラマの中で、山ピーが学ランの第二ボタンは取られたけど、どうしても長澤まさみさんに第二ボタンを上げたいって言って、野球部の第 二ボタンを上げるっていう素敵なエピソードがあって。それが、『すげえな、マジかっけーな』って思ってて。俺のことが好きな女の子に、俺も学ランのボタン全部取られて。『渡したいけどない!どうしよう』と思って。で、ワイシャツの第二ボタンがあってアユミちゃんって子にワイシャツの第二ボタンを渡したら『いらない』って言われたんですよ。めっちゃ切なくないですか?その時にやっぱり脳内では『小さな恋の歌』がかかってたんですけどね〜。俺は山ピーにはなれないなと思って。 小さなボタンで」

卓也「僕は『ハイスタ』ですかね。バンドです。僕らの高校時代はバンド大ブーム時代だったんで。僕の高校に、10 個 ぐらい上だと思うんですけど、ハイスタの横山健さんがいて、一緒の高校なんですよ。で、同じ先生に教わったりしてたんで、みんなハイスタ大好きで。卒業式の時にも学ラン投げた後に円陣組んで歌ったりしてたんで。ハイスタの 『DEAR MY FRIEND』っていう曲があって。歌詞とか英語なんですけど適当な歌詞で歌って。そういうのが思い出にありますね」

Share

関連記事

この記事の番組情報


CultureZ

CultureZ

月~木 25:00~27:00

その他の主な出演者
CLOSE
その他の主な出演者

クリエイティブなリスナーと一緒に新たなコンテンツを発信していく”コンテンツポータルプログラム”

ページTOPへ