「24時間テレビ」の募金、日本海テレビの局長が着服していた!森永氏も呆れて言葉を失う

「24時間テレビ」の募金、日本海テレビの局長が着服していた!森永氏も呆れて言葉を失う

Share

11月29日(水)の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、水曜コメンテーター・経済アナリストの森永康平氏と番組パーソナリティの寺島尚正アナウンサーが、日本海テレビの局長が、24時間テレビのチャリティーで集まったお金を着服していたニュースについて意見を交わした。

着服すること自体ダメだけど、その中でも本当に最悪なパターンだ!

日本海テレビ放送は昨日、鳥取市内で記者会見を開き、経営戦略局長が日本テレビ系列のチャリティー番組「24時間テレビ」の寄付金などあわせて1118万円を着服したと発表した。日本海テレビは27日付で局長を懲戒解雇処分にした。この日会見で田口会長は引責辞任、西島社長は報酬3ヵ月分を全額返上と表明している。日本海テレビジョンによると、元局長は2014年から2023年、24時間テレビに寄せられた寄付金のうち、本社内の金庫で保管していた一部を持ち出し、およそ265万円を自身の口座へ入金。さらに2014年から2021年、経理処理を偽装するなどして、会社の資金や売上金など、およそ854万円を着服したという。金庫の鍵は局長を含めた一部の担当者で管理をしていた。

寺島尚正アナ「チャリティー番組の寄付金着服、これは悪質ですよねえ!」

森永康平「もともと着服自体が良くないことですが、その中でもね、この寄付金に手を付けるっていう……もともといけないんですよ? いけないんだけど、いけない中でもさらに悪質というか、自分の道徳心は痛まないのかなっていう……ちょっとこれはもう何も言えないですよね。僕も昔、この番組観たことありますけど、子供とかが募金箱にお金を入れたりするシーンとか、あるわけじゃないですか」

寺島「日本武道館とかねえ、ああいったところにわざわざ持ってくる、みたいなシーンありましたよ」

森永「子供が募金してくれたお金に、よく手を付けるなって思いますよね」

寺島「今月9日、日本海テレビジョンが税務調査を受けることを知った局長が、発覚を恐れ着服を申告したといい、これまでにおよそ448万円を弁済しているといいます。日本海テレビジョンは着服された寄付金の全額を24時間テレビチャリティー委員会に届けるといいます。日本海テレビジョンの調査に対して元局長は『2014年当時、親族のためにまとまった金を用立てる必要があった。着服しても発覚しにくいお金があり、思いついた』と言う風に話していると。日本海テレビジョンは『飲食やパチンコなどの遊興費にも使ったとみている』と話しています。『24時間テレビ』、今後も続くんでしょうけども、日本海テレビは来年以降、寄付金どうするんだって言うねえ……」

森永「ホントですよねえ。先ほども言いましたけど、よくそんなお金に手をつけるよなと。目の前で見てるわけじゃないですか、子供たちが募金したりしてるのを。着服するという行為自体ダメだけど、その中でも一番最悪なパターンだなと思いますよね」

寺島「局長ですからね、局長! 『親族のためにまとまった金を用立てる必要があった』って、関係ない!」

森永「これはちょっと金額とかそれ以上に、罪深いなと思いますね」

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~8時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

で開く

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

NOW ON AIR
ページTOPへ