アメリカチャート1位を獲るにはどうすれば良い?「純次と直樹」5月30日(日)放送後記

アメリカチャート1位を獲るにはどうすれば良い?「純次と直樹」5月30日(日)放送後記

Share

「純次と直樹」(毎週日曜日夕方5時から放送中)の5月30日(日)OA分の放送後記です!

【オープニング】
高田「YouTubeで『浦沢チャンネル』が始まってるそうで」
浦沢「『あさドラ!』5集まで描いているのに、Twitterにたまに『浦沢、早く新作描けよ』って言われるので、新たな層に届くようにってことで」
高田「YouTubeチャンネルってのは簡単に開けるの?」
浦沢「出来ると思いますよ。高田さんもどうですか?」
高田「何すれば良いの?」
浦沢「車のディーラーに女装した販売員がいるとか、スーパーでマネキンにちょっかい出すとか。受けると思いますよ」
高田「箱根の温泉にマネキンと入るとか(笑)」
浦沢「ただYouTubeは下品なの禁止ですから。高田さんお得意のTバックオチNGです(笑)」
高田「Tフロントは?」
浦沢「ダメです(笑)」
高田「それだと3ヶ月も持たないな」

いつか「高田純次チャンネル」期待しています!

【この〇〇が凄い!】
今回は『目指せ!アメリカンヒットチャート!アメリカン・チャートを席巻した日本の楽曲が凄い!!』をお届けしました。最近、BTSの「Dynamate」で1位を獲得ということで、日本のアーティストが1位を取るにはどうすれば良いか、考えてみました。

参考にこれまでアメリカで発売した楽曲やビルボードチャートにあがった曲を聴いてみました。
『Sho-Jo-Ji (The Hungry Raccoon)/アーサー・キット』
『Kiss In The Dark/ピンクレディ』(最高37位)
『スキヤキ/坂本九』(3集連続1位)

「高田さんに5億渡せば、ロビー活動でトップ10には入れられる」「ちょっと変わった曲じゃないと」「FUJIYAMA、GEISHAを入れよう」「ピコ太郎的な感じ」「次はしゃぶしゃぶでどう?」「曲に琴を入れる」「渡辺直美さんに歌ってもらう」「やっぱり日本語」「純ちゃんのブラボーダンスはどう?」など様々なアイデアが出ましたが、いつかビルボード1位を獲得する日本人アーティストは現れるのでしょうか?ぜひ期待しましょう。

■今週のツブヤイター
1週間、この言葉を胸に過ごしてほしいという言葉を募集。

RN:笑福亭グルーチョ
「彼女の串カツの食べ方が松山千春とそっくりでした」

「今週のツブヤイター!」は
願望、妄想、標語にしたい事、美しい景色を読んだ一句、など
思いつくままに、五七五でも何でもOKです!
これまで以上に自由に、なんか面白い事を思いついたら、
どんどん投稿してください!

Share

関連記事

この記事の番組情報


純次と直樹

純次と直樹

日 17:00〜17:30

70歳を迎えた適当男・高田純次さんと日本を代表する漫画家・浦沢直樹さんが 異色タッグを組んだラジオ番組をやっちゃいます! 仕事にも趣味にもこだわりを持った「か…

ページTOPへ