民放AMラジオ局の在京3社(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送)を含む全国の民放ラジオ局44局は2028年秋までにFMラジオ局への転換を目指します。

民放AMラジオ局の在京3社(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送)を含む全国の民放ラジオ局44局は2028年秋までにFMラジオ局への転換を目指します。

Share

6月15日、民放AMラジオ局の在京3社(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送)は全国の民放ラジオ局47社の代表として会見を開き、2028年秋までにFMラジオ局への転換を目指すことを発表しました。

民放AMラジオ全体のFM転換の方向性・ロードマップについては、「2028年秋までに日本全国の民放AMラジオ47局のうち、44局がFM局となることを目指す」としたうえで、2028年にFM局となっても、直ちにAM停波というわけではなく、一定の局はAM波を補完的に活用し続けることになります(AM併用)。これに関連して、AM局からFM局に転換する場合、「①従来のFM補完中継局を親局にしながら、従来のAM放送を停波する(AM停波)」ケースと、「②従来のFM補完中継局を親局にしながら、従来のAM放送を補完的に活用する(AM併用)」ケースの二つが想定されています。

こうしたFM転換に向けての取り組みについては、受信エリアの問題やワイドFM対応ラジオの普及率、あるいはトンネルでのFM受信状況などの課題がありますが、在京3社で協力して今後解決していくことになります。

文化放送は「2023年からのAM停波実証実験には参加せず、2028年秋までにFM局となることを目指す」としたうえで、必ずしもAMが聞こえなくなる(AM停波)ということではなく、2028年より前の時点でそのときの局の状況や事情に応じて判断をし、2028年に上記の①AM停波か②AM併用を選択します。

Share
ページTOPへ