箱根駅伝 第87回大会ハイライト実況

箱根駅伝 第87回大会ハイライト実況

Share

往路は4区まで早稲田の独走でしたが、小田原中継所、3位でタスキを受けた柏原竜二が7キロ手前で2位東海の早川翼を抜くと、
さらに16キロ過ぎで早稲田の猪俣英希をかわして、トップに立つと、そのまま3大会連続で往路ゴールテープを切りました。
しかし復路では、東洋と27秒差の2位でスタートした早稲田が6区で逆転。
さらに7区で東洋との差を広げました。一方、東洋も8区から3区間連続で区間賞を獲得するなど猛追を見せましたが及ばず、
早稲田が11時間を切る10時間59分51秒で18年ぶり13回目の総合優勝を飾るとともに、史上3校目の三冠を達成しました。
2位には21秒差で東洋が入り、「その1秒をけずりだせ」という言葉が誕生しました。
またシード権争いも最後まで熾烈を極め、日体大、青山学院、國學院、城西4校のうち、3校にシード権が与えられる場面で、
4校は最後の直線までデッドヒートを繰り広げ、國學院の1年生寺田夏生がゴール手前でコースを間違えるハプニングがおきましたが、
寺田は最後に城西をかわし、10位で國學院が初のシード権を獲得。11位城西の差は過去最短の3秒でした。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加