箱根駅伝 第83回大会ハイライト実況

箱根駅伝 第83回大会ハイライト実況

Share

関東学連選抜チームも正式参加となり、総合10位までに入れば、次の予選会で出場枠が1校増えることになりました。
レースは、1区で東海の佐藤悠基が飛び出し、途中、痙攣を起こし、立ち止まるシーンもありましたが、
1時間1分06秒の区間新記録でタスキを2区伊達秀晃に繋ぎます。
伊達も区間2位の走りを見せ、、東海は小田原中継所までトップでタスキを繋ぎますが、5区で山の神が出現します。
先頭の東海と4分9秒差の5位でタスキを受けた順天堂の今井正人は、前回大会で自らが樹立した区間記録を25秒塗り替える1時間18分05秒で走り、東海を逆転。
順天堂が往路優勝を果たすと、復路でも9区長門俊介が区間賞を獲得。
さらに10区松瀬元太が区間新記録の走りで逃げ切り、6年ぶり11度目の総合優勝を果たしました。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ