ウクライナ情勢、ロシアはなぜウクライナ国境に兵を集める?佐藤優氏解説~12月17日「くにまるジャパン極」

ウクライナ情勢、ロシアはなぜウクライナ国境に兵を集める?佐藤優氏解説~12月17日「くにまるジャパン極」

Share

ロシアはウクライナ国境に10万人規模の兵士を集めているとされ、欧米諸国が警戒感を強めている。主要7カ国(G7)外相らは、ロシアに対し、「ウクライナに侵攻すれば甚大な結果と厳しい代償を招く」と警告する共同声明を採択した。今、ウクライナで何が起きているのか?ロシアはなぜ10万人規模の兵士を配備しているのか?12月17日放送の「くにまるジャパン極」(文化放送)で、元外交官で作家の佐藤優氏が解説した。

野村邦丸アナ「非常に緊張しているウクライナ国境です。ここにロシア軍の軍事用の車両が配備されているということですが、日本にいると遠い話に感じますが、佐藤さんが何度も言われているのが戦争の火種はあちらこちらにまだあるということ。今回のEU、ウクライナ対ロシアはどうなんですか?」

佐藤「この問題、日本から見るとなんかロシアが突然10万人も集めてとんでもないとなるわけですが、ロシアにはロシアの理屈があるわけです。ウクライナの大統領の支持率は7割あったのが、今、経済がうまくいかず、政治も混乱していて4割以下になってます。ウクライナの東の方のルガンスク州とドネツク州、ここはルガンスク州は3分の1、ドネツク州は半分が親ロシア派武装勢力に実行支配されてる。大統領はここを取り戻してウクライナの主権回復をしようとしている」

邦丸「要するに支持率を上げたいわけですね」

佐藤「ただそれをやったら内戦になる。それで、実はここに住んでる人たちは、ロシア語を日常的に話していて、1人残らず自分のことをロシア人だと思ってます。できればロシアに併合したいと思ってます。ロシアでは14歳以上は国内パスポートを持ちますが、これはいわゆる国籍証明書。それを持ってる人がここに60万人いる。ロシアのプーチンからすると、内戦になってこの人たちを見殺しにしたら同胞60万人を見殺しにしたとなって、政権崩壊する。だから圧力をかけるということで、軍隊を集めてるわけです」

この状況に対し、日本はどんなスタンスなのか?

佐藤「筋の悪い話は極力、関与しないことが重要だと思います。日本政府はそういうスタンス。ただG7のお付き合いをしないといけない。ベンチの端のほうに座って難しいことはわかりませんから、私たちは異議ありませんとやってる。非常にうまくやってます」

では、この問題はどう解決すべきか?

佐藤「現状維持することです。ウクライナにはウクライナの主張がある。それはそれで認めるんだけど現状を力で変えない。現状維持をみんなで約束すれば、ロシア軍も退くでしょう」

邦丸「大人の判断しなきゃダメですね」

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。えのきどいちろう氏は第2金曜日にコメンテーターとして登場。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


くにまるジャパン 極

くにまるジャパン 極

月〜金 9:00~13:00

その他の主な出演者

人生ひとまわり。 2017年1月に還暦を迎えた野村邦丸が27年間在籍した文化放送を退職し、 フリーアナウンサーの道を歩み始めています。 これに合わせて大幅リニ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加