神保彰さん「世界的ドラマーとの夢のセッションに邦丸アナが震えた!!」~12月23日「くにまるジャパン極」

神保彰さん「世界的ドラマーとの夢のセッションに邦丸アナが震えた!!」~12月23日「くにまるジャパン極」

Share

日本が誇る世界的なドラマー・神保彰さんが12月23日放送の「くにまるジャパン極」(文化放送)に降臨!!神保さんのドラマーとしての遍歴を伺った後は、今年11月3日の浜祭で演奏するために腕を磨いた野村邦丸アナとの夢のセッションが実現し、その華麗でパワフルなリズムに浜松町が酔いしれた!



邦丸「神保さんが初めてドラムを叩いたのはおいくつぐらいの時ですか?」

神保「中学生の時ですね。最初はグループサウンズが物凄く好きになって、お茶碗をお箸でチャカチャカチャカチャカ叩いているような子供だったんです。で、父親が『この子はひょっとしてドラムの才能があるかも知れない』と思ったみたいで、中学に入学できたので、ドラムセットを買ってあげようということになりました」

邦丸「それ以降ずっと叩いていると思うでしょ?ところが、神様は押し入れにしまっちゃうんです」

水谷「ええっ!?」

神保「(笑)いや、先生についていたわけじゃないので、ちょっと叩いて『こんなもんか』と思ってすぐ飽きちゃったんですよね。あんまり楽しいとは思わなかったんですよ、その時は。で、結構オタク方向に走ってしまって、プラモデルにハマってました」

邦丸「そして高校に進まれてからまたドラムに戻るんですが、これは何かきっかけが?」

神保「ジャズとかロックとか色んな音楽を融合させる『クロスオーバー』というムーブメントがありまして、そういう音楽を聴いて『あ、面白いな』と思ってまたドラムの方に戻って行ったんです」

邦丸「人前で初めて演奏したのはいつぐらいですか?」

神保「高校3年の時ですね」

邦丸「今のようにインターネットで色んなドラマーの教則を見るわけにはいかないから、独学ですよね?」

神保「独学です。何も無かったですもんね、あの時代は。もうコピーコピーの毎日でした。スティーブ・ガットというドラマーが大好きで、最近ではエリック・クラプトンのバンドでも叩いてますし、もう70代後半なんですが、今でもバリバリの現役ですね。すごい独創的なアイデアのドラミングで、ひたすらスティーブさんを追いかける毎日でした」

邦丸「慶應大学に進まれて、1980年にカシオペアに加入しているんです。カシオペアってとんでもない高嶺にあるバンドじゃないですか」

神保「80年ですと、カシオペアが前の年の79年にデビューしたので、ちょうどバンドが昇り調子になっているタイミングでしたね。大学3年の終わりに加入したのですが、大学4年のまだ1年あるので、あんまりうまく行かなかったら就職しようみたいな小ずるい考えだったんです」

邦丸「その時点では、もう神への道を歩み始めてたんですか?テクニック的に」

神保「いや~どうでしょう(笑)。今聴くとね、でも当時の演奏を今やれっていっても出来ないというか、若さ爆発みたいな演奏してましたけれども」

スタジオではさらに神保さんのドラムに対する想いや、今年発売したアルバム曲のナンバーを聴いた後、邦丸アナとのセッション(あいみょんの「マリーゴールド」)が実現。夢のようなひとときに出演者・スタッフ一同が酔いしれた。
この模様はぜひ、radikoの方でお聴きください!

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


くにまるジャパン 極

くにまるジャパン 極

月〜金 9:00~13:00

その他の主な出演者

人生ひとまわり。 2017年1月に還暦を迎えた野村邦丸が27年間在籍した文化放送を退職し、 フリーアナウンサーの道を歩み始めています。 これに合わせて大幅リニ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加