ヒャダイン 音楽家を目指したきっかけは9.11の同時多発テロ

ヒャダイン 音楽家を目指したきっかけは9.11の同時多発テロ

Share

文化放送「AG-ON Premium」で『ヒャダインのわーきゃーいわれたい』を担当している音楽クリエーターのヒャダインさんが、22日の「くにまるジャパン極(文化放送)」に登場。学生時代に体験した「9.11」の同時多発テロ音楽家としての下積み時代について語った。

ヒャダインさんが音楽の道を目指したのは、京都大学の学生時代だった。

ビャダイン「京都大学まで順調に進学させていただいたのですが、あんまり学校に行って無かったせいもありまして、就職活動に乗り遅れてしまいまして。“もう人生終わったな……”と思いまして、2週間ニューヨークに旅行に行ったんですね。その最終日に『9.11』の同時多発テロにあってしまいまして

野村邦丸えー、そうなんだ!

ヒャダイン「一人っきりで一週間帰れなかったんですが、その際に初めて自分の夢とか将来について熟考しまして。“自分は音楽で身を立てたい、名を上げたい”という気持ちになりまして、そこから音楽家を目指すことになりました」

邦丸あの『9.11』のときにニューヨークに居たっていうのは、本当に冗談抜きで、いま元気に活躍されていて良かったですよね

ヒャダイン「本当ですよね。毎日行っていたのが、『ワールドトレードセンター』だったので、それが一日でもずれたら、もしかしたら僕も被害にあっていたかもしれないので、“生きているうちに、やりたいことをやろう”という気持ちになりました」

そんなヒャダインさん、子供の頃から音楽に触れていたそう……

ヒャダイン3歳からピアノをやっていまして。ですが趣味程度で、作曲もあんまり作ったことが無かったので、本当に大学4年くらいから作曲の勉強を徐々に始めていった感じですね

京都大学の学生時代に、音楽の学校にも通っていたそう……

ヒャダイン週に一回、1時間だけなんですが、作曲講座に行ってまして、その際に先生に“あなたちょっと変だから、東京に行ってやった方がいいんじゃない?”みたいなことを言われて、言われるがまま東京に来て、って感じですね

邦丸当時は、どんな音楽をやっていたんですか

ヒャダイン今でこそアニメソングとかアイドルソングとか、ワイワイしたのを作るんですが、当時は落ち着いた環境音楽とかBGM系の音楽を作っていて、鳴かず飛ばずでずっとアルバイト生活でした。“これじゃいけない!”と思ったときに、ニコニコ動画という動画共有サイトにゲームのアレンジの曲をアップロードしたらウケたので、“自分はこっちの方が才能があるんだ”と言う風に気づいた次第ですね

その後のヒャダインさんは、東方神起の「Share The World」、倖田來未さんとmisonoさんのデュエット曲「It’s all Love!」など楽曲提供をした。

ヒャダインそれまではヒャダインのニコニコ動画の活動と、本名の前山田健一の作家活動をばらばらにしてたんですよね。そういったビッグアーティストに楽曲提供することになって自信がついて、“ヒャダインは前山田健一だよ”ってバラした次第ですね

邦丸「ネットでヒャダインさんの存在を知っている人からすると、“えー!”という声もあったんですか?」

ヒャダイン「すごく多かったですね。東方神起さんの曲がアニメ『ワンピース』の主題歌になっていたので“あの曲、ヒャダインだったんだ”みたいな話で盛り上がったくださいましたね」

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加