田中貴金属グループpresents週末GOLDインフォメーション#6(2月13日放送)

Share

13日の放送では、田中貴金属の貴金属リテール部長の加藤英一郎さんに、金の純度を表す「K(カラット)」についてご紹介いただきました。

金は、24分率で表します。

例えばK18というのは、24分の18(75%)が金ですよという意味です。

ヨーロッパでは、18Kという風に、日本とは数字とアルファベットが逆になります。

K24は純金です。

Kは、明治の頃、田中貴金属の前身の会社が採用しました。

これで金の品位が確定し、私たちは今も安心して購入することができるのです。

Kの採用は、日本の金の歴史でとても画期的なことでした。

今回も1つ勉強になりましたね。

来週もお楽しみに!

スタッフ(コツコツ金太郎)

Share
ページTOPへ
// 2022.04.28追加