バンコク→クルンテープ・マハナコーン タイ首都の英語名改称で市民困惑

バンコク→クルンテープ・マハナコーン タイ首都の英語名改称で市民困惑

Share

タイ政府は首都バンコクの英語名称を「Krung Thep Maha Nakhon(クルンテープ・マハナコーン)」に変更すると発表した。2月18日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、この話題について金曜コメンテーターでエコノミストの会田卓司氏と、寺島尚正アナウンサーが議論を交わした。

名称変更のウラには政治的思惑が

このニュースを受けてタイ市民らには困惑が広がっている。タイ語でバンコクを示す「クルンテープ」はタイの人々には浸透しているが、国際的には「バンコク」の認知度が高く、混乱が予想される。

「クルンテープ・マハナコーン」は「天使の都」や「大都市」を意味する言葉とのこと。元々バンコクの正式名称はタイ語で100文字を超え、世界で最も長い首都名とされていて、「クルンテープ・マハナコーン」はその最初の2つの言葉にあたる。タイの人々の中では省略して「クルンテープ」と呼ぶのが一般的になっている。

タイ政府は「ちょっとした調整である」として従来通り「バンコクも使用できる」と説明している。

「これ、どうですか、会田さん?」と寺島アナは苦笑い。対して会田氏は「やっぱり馴染みがないですからね…」と言葉を濁したあと「両方を使用するとなると、なかなか国際的には広がらないと思います。タイは政治が混乱をしていましたので、こういうところで何らかの方策を出してきているんだと思います」と意見を述べた。

「気分を変える意味で、首都の呼び方も変えてみようか、っていう感じなんですかね。クルンテープも知りませんでしたからね。(中略)私が小さい頃にセイロンっていうところがあって、ここが国名を変えたことがあって、国の名前とか変わるんだって思いましたけど、やはり世界を見渡してみると変わる時があるんですね」と寺島アナが素朴な感想を漏らすと「ありますね。ミャンマーもビルマでしたからね」と会田氏が冷静に指摘して、この話題を終えた。

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

ページTOPへ
// 2022.04.28追加