みうらじゅん「変態の世界にはよくある話」 新作小説『永いおあずけ』の見どころは?

みうらじゅん「変態の世界にはよくある話」 新作小説『永いおあずけ』の見どころは?

Share

3月17日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)には、みうらじゅんさんが登場。新刊『永いおあずけ』(新潮社)を紹介した。

まずは、小説『永いおあずけ』(新潮社)を書くことになったきっかけから。

みうらじゅん「僕『人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた』と公に言って、そういう連載も週刊文春で10年続けてるんですが、『本当に人生の3分の2はいやらしいことを考えてるのか?』と疑問に思う人がいるんでしょうね。小説新潮から『だったら官能小説を書いてみてはいかがでしょうか』というご依頼を、5〜6年前に受けたんですよ」

みうらさんは、20年ほど前『愛にこんがらがって』というSM小説を書いたことがある。
本格Mの女性に振り回される、素人Sの物語だった。

みうら「このとき、SMの”S”は”サービス”のSなんじゃないかと思ったんです。なかなか本格的な人になれなくて、SとMの間で右往左往してる人がほとんどなんじゃないかなあって。そのリアルな感じを、今回は官能小説という形で書いてみたんです。5篇中すべて主人公はミュージシャンで、いろんな性癖があって、松本清張的な生き地獄に落とされるっていう話なんですけど」
大竹まこと「みうらさんの分身ですか……?」
みうら「言い訳がましいことは言いたくないんであれなんですけど、ハッキリ言って分身だと思います」

本作について、みうらさんは「結局コントみたいな話なんですよね。官能にならず」と言う。

みうら「人生ってコントみたいなところあるんじゃないかなって。本人は至って真面目に進んでいるのに、周りからみるとコントみたいって多々あるんで。そういう今までの経験や妄想とかを入り混ぜて書きました」

続けてみうらさんは「自分はキメてるつもりでも、周りからはとっても滑稽に見えるというのは、変態の世界にはよくある話で。でもそれを悲しいと見るか、笑っちゃうと見るかは読者次第」と語った。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加