大島育宙が最新の傘をジャッジ。4つの問題をクリアするものは?

大島育宙が最新の傘をジャッジ。4つの問題をクリアするものは?

Share

6月1日放送「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)の特集コーナーにて、最新の傘の数々を紹介した。水曜レギュラーの大島育宙は、傘そのものに「あまり期待していない」という。番組で取り上げる中に、惹きつけられる傘はあったのだろうか?

西川あやの「いまの傘のどういうところが不満なんですか?」

大島育宙「雨を防げないのと、風に対して弱い、というのがあります。おちょこ(みたい)になっちゃうし、初めて買った傘、だいたい壊しちゃうんですよ」

永井玲衣「どんな使い方しているんですか(笑)」

大島「ちっちゃいと濡れる、大きいと邪魔、すぐに壊れる、どうせなくす、という4つの問題がありまして」

西川「自分の性格による部分もあると思いますけど(笑)」

大島に向けて、番組が調べた最新の傘を、西川からプレゼンした。「買い」か「あ、大丈夫です」かの二択でジャッジすることに。

西川「数ある不満として、背中やリュックが濡れるというのがあります。それを解消してくれるのが『リュックガードアンブレラ』。とにかくリュックを濡らさない、ドーム状で、視界部分は開けている。傘に前・後ろがあるみたいな感じですね。男性2人でも入れる幅があると」

大島「『あ、大丈夫です』。正確にいうとステイですね。デカくしようとすればいくらでもできるんですよ。でも畳んだときにどうなるかっていうのがないと、プレゼンとして不充分じゃないかなと。すごく嫌われそうだな(笑)、でもみんなの気持ちを代弁していきたい」

西川「傘をさすときに片方の手がふさがってしまう。それを解消してくれるのが頭にかぶるだけ、『折りたたみ傘帽子』。複数のメーカーが出していますけど、簡単にいうと撥水性に優れた三度笠といったところ。装着にはアゴひもを結ぶ必要があります。以前に東京都の取組でありましたね、あれを想像していただければ」

大島「『あ、大丈夫です』。みんながやるならいいですよ。でも傘で目立ちたくないんですよ。生活に溶け込むというのが、最低限としてありますんで。もうちょっとファッショナブルに。『傘すぎる』というのはあるかな」

途中でリスナーからのメールを紹介した。「頭上に浮いていて、両手が常に使えるという傘があればいいなと思う」という内容で、それを叶える傘も取り上げた。

西川「ドローンで追跡してくれる夢の傘、『free Parasol(フリーパラソル)』。傘の基本形状から改革したいという思いから開発されました。進行速度に合わせて動いてくれるので、まさにハンズフリー。強めの雨や風にも耐えられる。人が立ち留まっているときにはホバリンク、頭上で停止してくれると」

大島「でもお高いんでしょう?」

西川「(開発のアサヒパワーサービス株式会社に)聞いたところ、販売するなら3万円ぐらいですかね、と。まだ試作段階、一般販売されていないんですって」

大島「ならタクシー乗るよ、って話ですもんね。10回使えばもとをとれると考えればいい?でも結局濡れているよ、というときあるからね。横殴りとかで。『(今後に)期待します』」

西川「最後に『トランスフォーム傘』。スタジオに現物があります。パッと見は日傘のサイズですね。ちっちゃいけど、広げてみてください。HYGGE(ヒュッゲ)のトランスフォームショートワイルド傘、というタイプです。二重構造になっていて、広げることで40%増量、1.4倍に広がると。UVカット効果もあり、日傘としても雨傘としても使えます」

大島「(広げてみて)すごいかもしれない。でもカバンに入るサイズではないかな、と思ってしまった。二重構造で見た目が普通、というのもいいので、もうちょっとだけ小さくなれば。『今後に期待』です」

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜~金曜の午後3時30分~5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加