60歳のSAMが伝授!老化を知る学問『ジェロントロジー』とは?

60歳のSAMが伝授!老化を知る学問『ジェロントロジー』とは?

Share

60歳になってもキレキレなダンスで魅了するTRFのSAM氏ですが、40代の時には衰えを感じる時もあったという。6月7日の「くにまる食堂(文化放送)」では、そんなSAM氏が学んだ老化していくことを科学する学問『ジェロントロジー』について語った。

野村邦丸アナ「SAMさんが学んだ『ジェロントロジー』って“老人学”なんですか?」

SAM「老化していくことを科学していく学問なんです。ものは何でも老化するじゃないですか、そういう生物学的なところ。そして高齢者にとっての環境やテクノロジーは、どのような世の中が良いのかを学ぶ社会学的なところ。それからストレスだったり、脳の衰えを科学していく精神的なところ。この3つの側面から老化っていうのはどういうことなのかを科学する、そして最終的には老化することはネガティブなことばかりじゃないんだよっていうことを伝えていく学問です」

邦丸「勉強なんて今さらいいやと思いながらも南カリフォルニア大学の通信教育を受けられたそうですね」

SAM「60講義受けました。1講義が大体40~50分あるんですけど日本語訳してあるものを60講義受けて最終的には修士課程をいただきました」

邦丸「めちゃくちゃハマったらしいですね?」

SAM「ハマりましたね。4~5年前くらいから高齢者の方の健康寿命を延ばすダンスプログラム『誰でもダンス』っていうのをやってたんで『ジェロントロジー』と出会った時に、その知識が『誰でもダンス』のプログラムを作る時や直接ダンスを教える時などに全部生かされるなと思って真剣にやりました」

邦丸「年を取ると色んな問題が出てきますしね」

SAM「まず大事なのは自分の体を自分で動かすっていうことがベースにあると思いますね。それに加え、“適度な運動”“規則正しい生活”“食事”この3つに気を付けていれば【良い老化の仕方】をしていくと思うんですよね。あと老化していくことはネガティブなことばかりじゃない。年を取れば取るだけ経験値は積まれていくじゃないですか。若い頃はすぐにカッとしたのが一回のみ込んで違う言い方ができるようになったりとか…」

邦丸「確かにね」

SAM「あと自分の経験してきたことで前に進むことができるようになるし、失敗も少なくなる。他にも若い人たちに有効なアドバイスができるようになるとか…。老化するということは悪いことばかりじゃない」

 

この他にも番組ではSAMさんが【良い老化の仕方】について伝授。もっと聞きたいという方はradikoのタイムフリー機能でお楽しみ下さい。

 

「くにまる食堂」は平日朝11~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


くにまる食堂

くにまる食堂

月~金 11:00~13:00

番組のコンセプトは、「お昼はやさしくアクティブに」。 多様化する社会において、共通する言語は「食事」。まるで食卓を囲むような優しい時間をリスナーへ展開し…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加