初期・海援隊の名曲たちをオンエア。「金八先生」以前の武田鉄矢の若さが詰まっていた?

初期・海援隊の名曲たちをオンエア。「金八先生」以前の武田鉄矢の若さが詰まっていた?

Share

6月19日の「鷲崎健のヒマからぼたもち」(文化放送)、午後3時のコーナー

『タケスクリプション 日曜名曲集』

この日のゲストだった武田鉄矢さんにちなんで初期・海援隊の楽曲をお届け!

 

鷲崎健「今回のテーマは『初期・海援隊』。『なんでだ?』と言われたら、

そりゃ武田鉄矢さんがゲストだからですけど」

 

松井佐祐里「はい(笑)」

 

鷲崎「僕も何をかければいいかよくわかんなくて。

でもやっぱり自分の思い出と向かい合って、あのころ好きだった曲を

『ごめんなさい。勝手に共有させていただこうかな』と。

初期・中期・後期とかはビートルズでも分けられて。そのとき歌われているメッセージが違うとか。

若者ジョン・レノン、若者ポール・マッカートニーにしかできなかったことがあるように、

若者武田鉄矢でないと表現できなかったことがあるんじゃないなと。

ということで1曲目、まず聴いていただきましょう」

 

♪「青春流れ者」/海援隊

 

鷲崎「僕がずっと好きだったアルバムがライブ盤で、

『廻り舞台』(『海援隊ライヴ・アンコール~廻り舞台~』)というタイトルなんです。

これを何百、何千回と聴いてきたので、きょうはそこに入っている曲ばかりになってしまうんですけど。

この『青春流れ者』は1965年に渡哲也さんと竹越ひろ子さんが別々の

レコード会社から出された曲のカバーなんですね。それはあとから知ったんですけど。

ある日、何かで『渡哲也が、あの武田鉄矢と同じメロディの曲を歌っている!』と思って。

調べたらカバーだったと。この(オンエアした)バージョンに関しては武田鉄矢さんが

歌詞をつけ直したものなんです。やっぱり『金八先生』というのは大きかったと思うんですけど、

それ以前は屈折していて、若者特有の開き直りみたいなものがあって。

(吉田)拓郎さんの存在が大きかったんだと思うんです。

(武田さんが)ご自身でも言っているんですが、『モテなかった』と。

で、拓郎さんって絶対にモテたと思うんです(笑)。

 

モテなかったという屈折した形が拓郎さんとは違っていて。そこでしか出ない歌というか、

若いときだから影響しあうし、似ちゃう部分と絶対に似たくない部分との抗いがあると思うんですけど、

それがこういう、股旅(またたび)歌謡というか、昔の流れ者の感じの音に表れている。2曲めはこちらです」

 

♪「荒野より」/海援隊

 

鷲崎「小さいときに、これが『ロックだ!』と思っていて。

『あれ? エレキギター入っていない?』

と感じるぐらいハードな曲で。最後、きこえましたかね、『ローイゼ!』って。

あれなんて言っているか、いつか武田さんに会えたら聞こうと思っていたけど、 きょう聞けなかった(笑)。

3曲めはこちらを聴いていただきましょう。こちらはよりロッキンなサウンドで、ロッキンな歌声です」

 

♪「こらえちゃっときない」/海援隊

 

鷲崎「これは海援隊のメンバーじゃなくて、(元)サンハウスの浦田賢一さんがつくられたんです、

どういう経緯かはわからないですけど。調べてもわかるんですけど海援隊、

もともとブルースロックをしていたらしいんですね。それがメンバー変更したり、

ほかのバンドに行ったりして。武田さん、中牟田(俊男)さん、

千葉(和臣)さんとの形になって、フォークに落ち着いて。

そもそもがハードロック、ブルースロックをしていた。その感が(この曲は)充分に聴こえますね。

ライブ盤で(ボブ・)ディランの『Before The Flood』じゃないですけど、

叫んで圧倒しているようなバージョンもあって、そちらも見ごたえがあります。続いてこちら」

 

♪「さすらいの譜(うた)」/海援隊

 

鷲崎「こちらも股旅歌謡を感じる曲です。ブルースロックをやっていたと話しましたけど、

この3人になってからはスティーヴン・スティルス、ナッシュ&ヤングみたいなフォーク、

コーラスみたいなのもやっていたと。公園で練習していた、なんていう話をラジオでもされていました。

ナッシュ&ヤング感と、ちょっとやさぐれ、股旅歌謡感とがちょうど合わさったような曲なんじゃないでしょうか。

初期のころ、こういった曲調が多くて。これぞ『あのころの海援隊のサウンド』という感じですね。

最後の曲にいきましょうか」

 

♪「春日原へ」/海援隊

 

鷲崎「こちらもさっき言ったライブアルバム『廻り舞台』からなんですけど、

7歳の俺がいちばん好きだったのがこの曲なの。何を思っていたんだろう」

 

松井「(笑)」

 

鷲崎「曲の前にMCもあって。(ライブ)『前日にできた曲なんです』と。

これがファーストテイクなのかはわからないですけど」

 

松井「かっこいい……」

 

「鷲崎健のヒマからぼたもち」は日曜午後2~4時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。

radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


鷲崎健のヒマからぼたもち

鷲崎健のヒマからぼたもち

日 14:00~16:00

漫画や音楽・ファッション・スポーツなど、じっくり見つめ直すと人生が豊かになるかもしれない、という様々な「趣味のカケラ」をリスナーと共有し、“余分な時間…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加