箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「文化放送 スポーツDASH NEXT」 内
18時20分過ぎ~ 放送中!
学生3大駅伝全てを中継する文化放送は、 シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして、選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後取材 駒澤大学、法政大学、青山学院大学

2019.01.02

駒澤大学 大八木監督
Q:非常に表情が柔らかく見えます。
A:一安心といいますか、5区が心配だったので5区がしっかり走ってくれたので、また復路でしっかり頑張っていきたい。

Q:今日、エントリー変更の伊東選手でしたが。
A:5区を走る予定ではなかったのですが、サブとしてはいけるときは行くといっていました。30日くらいにちょっと走る予定だった選手の体調が悪くて、急きょ伊東に行ったら「行けます」ということでよく走ってくれたと思います。彼の我慢強さがよかったと思います。

Q:明日ポイントとなる区間、選手はどこですか。
A:6区ですね。6区をしっかりいい流れで言ってくれればと思っています。

Q:中村大成選手が入っていますが。
A:このままの順位か、國學院大學の順位までは行きたいと思っています。

Q:大八木監督は常々「駅伝は3番以内を目指す」と言っていますが。
A:そうですね。3番以内目指してやっていきたいとは思っています。

Q:明日、そうなる要因はどのあたりになりますか。
A:やっぱり6,7区でしょうね。6,7区の流れをしっかり受け継いで、9,10区に向けてうまくいってほしいとは思っています。


法政大学 坪田監督
Q:往路を振り返ってどうでしたか。
A:総合5位を目標としていて、5位で折り返せたのはよかったのですが、明日のためにもう1つ前の集団で行きたかったかなというのが正直あります。

Q:総合5位という目標に向けて、明日はどのようなレースを思い描いていますか。
A:少し練らないといけないのは5番をキープするのはもちろんですが、後ろとの差がありませんし、5番を狙って突っ込ませてシード圏外というわけにはいきません。11番との差を見ながらもう一度戦略を練り直さないといけないかなと思います。

Q:そのためにはどの区間がポイントとなると思いますか。
A:4年生が明日3人走る予定で、非常に状態がいいです。往路の2区坂東と4区狩野が非常にいい走りをして、刺激を受けてしっかりと臨めると思います。4年生がしっかり締めてくれると思います。


青山学院大学   原監督
Q:3区の森田君は素晴らしい区間賞でした。
A:ほんとに想定通りの走りをしてくれました。力がある子なんでね。これくらいはやってくれると信じていました。4年生の意地ですね。

Q:12月に入ってほとんど練習していないという話を伺っていましたが。
A:やっぱり持久系能力の高い子なので、体の状態が良ければちゃんと走ってくれますね。

Q:そのあとの区間が。
A:4区5区が区間2桁順位で、やっぱり想定外でしたね。状態的にはいわゆる大ブレーキになるような状態ではなかっただけに、悔しいですね。

Q:このあたりが箱根駅伝の怖さですか。
A:やっぱり、感じましたね。まあ4年間良いことばかりあったので。こういうことがないと、我々の成長もありません。ただ明日もありますからね。最後まで諦めることなく頑張りたいと思います。

Q:5分30秒というトップとの差はいかがでしょうか
A:厳しい戦いになると思います。見える範囲、直線で見える範囲、まあ1分半ぐらいまでくれば面白い展開になると思います。早めに見るところまでくれれば嬉しいですね。

Q:ポイントとなる区間は。
A:6区7区です。6区7区でどう縮めるかです。


  • サッポロビール
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 共立メンテナンス
  • 大和ハウス
  • 川口技研
  • 國學院大學
  • セブン‐イレブン・ジャパン
  • 多摩電子工業
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • AM1134kHz FM91.6MHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.