箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「文化放送 スポーツDASH NEXT」 内
18時20分過ぎ~ 放送中!
学生3大駅伝全てを中継する文化放送は、 シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして、選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後取材 中央学院大学、明治大学、中央大学

2019.01.02


中央学院大学 川崎監督
Q:レースを振り返っていかがですか。
A:想定内かなと思っています。うまくいけば7~8番、悪くてもシードから30秒以内って考えていますから、その範囲に入ってくれたかなと思います。

Q:明日は経験のある樋口選手がいます。明日の展開はいかがでしょう。
A: 6区は経験値が大事ですから、ポイントは7、8区かなと思っています。
どう凌ぐかによって、シード権に収まるかどうかっていうところになると思います。

Q:廣田選手と大濱選手がエントリーされていますが。
A:未定ではありますが、坂の踏ん張りがうちの順位を決めるんじゃないかなと思います。

Q:中央学院らしい粘りの駅伝でシード権内が目標だと思いますが。
A:粘りとしつこさでいつも通りの走りをしてシード権に収まりたいなと思っています。

Q:ポイントとなる区間は?
A:7区と思っています。非常に難しいコースで前半から早いペースになります。あわてすぎるとどうしても後半にダメージがきますので、いかに前半を楽に行けるかがポイントになりそうです。


明治大学 山本監督
2区と5区が想定より1分ずつ悪かった。ギリギリ悪い方の想定内。復路は6区が未知数。7〜10区は自信があるので、6区の時点で10番以内にいれば、シード権のチャンスは十分あると思います。


中央大学 藤原監督

Q:想定通りでしたか。
A:欲を言えばもう1,2分よければなというのはあるのですが、急きょ5区を務めてくれた岩原にしても、畝の分までということでやってくれました。畝も走れなかった悔しさを来年にぶつけないといけないですし、そういう意味ではいいチームになってきたと感じています。

Q:12番ですが10位との差が1分50秒です。
A:まだまだ5区間ありますから、各区間30秒ずつ詰めていければアンカーでしっかり逆転できますし、相手は中央学院や拓殖大学あたりになってくると思いますので、1つでも2つでも食っていけるようにやっていきたいですね。

Q:明日以降の注目となる選手や区間はどこですか
A:8,9,10区と非常に自信を持って並べているので、スタートの6区をポイントにおいています。冨原のまま行くか、舟津あたりを使うか今晩しっかりと考えてオーダーを決めていきたいと思っています。

Q:6区終了以内でのシード権との差などは考えますか。
A:シード権内に1分差以内にしたいと思っていますので、誰が走るにしてもそういう走りをさせたいと思っています。


  • サッポロビール
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 共立メンテナンス
  • 大和ハウス
  • 川口技研
  • 國學院大學
  • セブン‐イレブン・ジャパン
  • 多摩電子工業
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • AM1134kHz FM91.6MHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.