箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「文化放送 スポーツDASH NEXT」 内
18時20分過ぎ~ 放送中!
学生3大駅伝全てを中継する文化放送は、 シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして、選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路優勝 青山学院・原監督 往路終了後インタビュー

2020.01.02

Q:3年ぶりの往路優勝。原監督です。おめでとうございます。
A:ありがとうございます。

Q:朝、お話を伺った時には、若干表情どうなんだろうと個人的には映ったんですけど、
朝の段階ではお気持ちはいかがだったんでしょうか
A:往路については自信持っていました。
普通にやってくれれば東海大学さんと2分は開くことができるのではないか、
逆に2分開かなければ総合優勝は難しいと踏んでたのですが、
予定以上の往路フィニッシュでしたね。

Q:5人のランナーが本当に頑張ったと思うんですけど、
エントリー変更で入りました吉田祐也選手、素晴らしい走りだったと思います。
A:チーム一の練習量なんですよね。
2年生3年生と11番目のランナーで箱根駅伝正選手からもれました。普通は腐ります。
それを彼は努力を続けた。結果こういうふうな形で花開きましたよね。チームの鏡ですね。

Q:そして、それを受けて山を上った飯田選手。区間新の走りいかがでしたか?
A:一時期後ろの浦野君と1分切るくらいのレベルまできたんですけど
小涌園から耐えてくれましたよね。浦野君が辛抱負けしたという形ではないでしょうか。
精一杯山を駆け上りそして最後駆け下ってくれましたね。

Q:これで3年ぶりの往路優勝、2年ぶりの王座奪還にむかいまして2位の國學院からは1分33秒、去年のディフェンディングチャンピオン東海大学とは3分22秒の差がつきました。この差をどう考えますか
A:ライバル校は東海大学と思っています。6区から1秒でもいいから貯金をつくりたい。
そうすると流れはできますので、キーとなるのは6区でしょうね。

Q:今朝聞いた段階ではやっぱり指数95%とおっしゃってました。この芦ノ湖ではいくつでしょう
A:100あるいは120まで跳ね上がってきてますんで、6区終わった時点で150、大手町フィニッシュ500.そんなとこで押し上げていきたいですね。

  • サッポロホールディングス
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 共立メンテナンス
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.