2017/10/11

サッカー、日本はハイチと3―3 ハリル体制で最多失点

サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは10日、横浜・日産スタジアムで行われ、日本代表はハイチ代表と3―3で引き分けた。前半に倉田(G大阪)の2試合連続ゴールと杉本(C大阪)の代表初得点で2点を先行。その後3失点したが、終了間際に香川(ドルトムント)が同点ゴールを奪った。
 日本の3失点は2014年10月の親善試合でブラジルに0―4で敗れて以来で、ハリルホジッチ監督の就任後は最多。
 来年のワールドカップ(W杯)に出場する日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング40位で、W杯北中米カリブ海4次予選で敗退したハイチは同48位。今回が初対戦だった。

内容を読む
プロゴルファー・ゴルフ解説者
タケ小山
0

こちらのニュースについてタケさんにお話しいただきました。詳しくはこちらをクリック(※聴取期限は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース 

タイムテーブル