2017/10/05

希望の公約、安保法を容認 消費増税、原発が対立軸

希望の党(代表・小池百合子東京都知事)は衆院選公約に安全保障関連法を容認する内容を盛り込む方向で最終調整に入った。公約素案が4日判明した。憲法改正については、自衛隊の存在や知る権利、地方自治を挙げ「時代に合った憲法の在り方を議論する」とした。消費税増税を凍結し、2030年までの原発ゼロを明記、安倍政権との対立軸とする方針だ。道州制導入や議員の定数と報酬の削減も掲げた。
 小池氏は近く公約を正式発表する。衆院選は安倍晋三首相(自民党総裁)や小池氏、立憲民主党の枝野幸男代表らの3極が、憲法改正や安保法、消費税、原発政策を巡って論戦を本格化させる。

内容を読む
一般社団法人共同通信社 編集委員室長
橋詰邦弘
0

こちらのニュースについて共同通信 編集委員室長の橋詰邦弘さんにお話しいただきました。詳しくはこちらをクリック(※聴取期限は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル