2018/1/17

鎮魂と継承、願う1日 阪神大震災23年

6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から23年となった。大きな被害が出た兵庫県内の各地で、犠牲者の鎮魂と記憶の継承を願う追悼行事があり、地震発生の午前5時46分に黙とうを行った。
 歳月の経過で、震災の経験を共有することは年々難しさを増している。日本列島では地震、噴火、台風など自然災害による犠牲が相次ぎ、南海トラフ巨大地震など将来予想される自然災害への懸念も拡大。大地震による苦境から復興へ向かったこれまでの歩みを語り継ぎ、次世代の教訓とすることが求められている。

内容を読む
文化放送報道スポーツセンターデスク
鈴木敏夫
0

こちらのニュースについて水曜日の7時台のニュースマスターは、文化放送報道スポーツセンターデスク鈴木びんさんにお話しいただきました。詳しくはこちらをクリック(※聴取期限は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム