2017/9/11

中国、北朝鮮口座の取引制限 大手国有銀、資金遮断本腰か

【延吉共同】中国の中国銀行など大手国有銀行が、北朝鮮人名義の新規口座開設や既存口座からの送金など一部取引を停止していることが9日分かった。取引制限の結果、北朝鮮側による支払いが困難になり、中国からの石油製品輸出は急減。北朝鮮制裁に消極的と批判されてきた中国が核・ミサイル開発の資金遮断に向け本腰を入れ始めた可能性がある。6回目の核実験を受け、さらに厳しい措置を取る可能性もある。
 対象は北朝鮮パスポート保持者で、中国駐在の北朝鮮政府当局者や貿易関係者が含まれている公算が大きい。国連安全保障理事会の制裁決議に基づく指定ではなく、中国独自の措置とみられる。

内容を読む
マクロエコノミスト
崔真淑
12

中国としても何かしなくてはいけないという世界のプレッシャーに押されたというところでしょうか。
しかし、中国は北朝鮮から資源の輸入を行なっていると言われていることや、韓国における米国の影響力を監視するためにも北朝鮮を、本当に抑え込みたいかといえば...
あまりに追い詰めてしまえば、窮鼠猫を噛むというだけに北朝鮮が暴動を起こさないかも非常に懸念されます。

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル