2017/9/28

小池新党「脱しがらみ」綱領発表 設立会見、国政転出は否定

小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」のメンバーは27日午前、東京都内のホテルで設立の記者会見を開いた。小池氏らは「しがらみ政治からの脱却」「寛容な改革保守政党を目指す」を柱とする綱領を発表。「10月10日公示―22日投開票」の日程で実施される衆院選で安倍政権の批判票の受け皿を狙う。小池氏は「日本をリセットするために党を立ち上げる」と強調。「あくまでも都知事としてこの戦いに臨む」と述べ、次期衆院選での国政への転出を否定した。
 小池氏は会見で、新党設立の目的について「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく新しい政治のため」と重ねて説明した。

内容を読む
博士(経済学)・帝京大学経済学部教授・慶大経済学部非勤
宿輪純一
2

綱領にもあるが改革保守政党ということで、基本的には小池代表の方針に沿える人のみを受け入れるようである。民進党の議員をすべて受け入れる訳ではない。リベラルな大物政治家の動向に注目したい。
小池代表は、さすがに今回の衆議院選挙に立候補するのは避けた。しかし、政党の代表は基本的には衆議院議員であるのが通例であり、できるだけ速やかに衆議院議員になろうとするであろう。ちなみに民進党の蓮舫元代表は参議院議員であり、衆議院議員への鞍替えを計画していた。
今回のこうした騒動も、国民の注目を浴びている。急遽、物事が動いているが、そういう意味では、小池代表の政治的能力は高いと評価できるかもしれない。

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル