2017/11/03

フェイスブック最高益更新 広告監視要員、2万人に倍増へ

【ニューヨーク共同】交流サイト大手の米フェイスブックが1日発表した2017年7~9月期決算は、売上高が前年同期比47%増の103億2800万ドル(約1兆1800億円)、純利益が79%増の47億700万ドルだった。主力の広告収入の拡大により2四半期連続で売上高、純利益とも四半期の過去最高を更新した。
 ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は1日の電話会見で、昨年の米大統領選干渉疑惑に絡み、広告内容などを監視する人員を現行の約1万人から来年には2万人に倍増する計画を明らかにした。不適切な投稿を検出する新しい人工知能(AI)の開発も進めているという。

内容を読む
ビジネス数学の専門家/教育コンサルタント
深沢真太郎
5

売上高が前年同期比47%増、純利益が79%増。なかなか驚異的な数字です。あらためて、人間の本質を突いたビジネスモデルであることを再確認します。


注目したいのは人員増。広告モデルである以上、不適切な広告の監視が必要になるのは想定しているはず。1万人→2万人という人員増がさらに続くとしたら、経営者は当然ながら増加する人件費とAI開発費用&運用コストの損益分岐点を算出するはず。


これを把握する行為は、これからのAI時代に様々な企業で行われる数学的行為といえるでしょう。AI運用に舵を切るのはいつになるのか、注目ですね。

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル