2017/12/21

発注予定工事でも談合か リニア入札、受注済みに加え

リニア中央新幹線の工事を巡る談合事件で、大手ゼネコン4社が、既に受注している15件に加え、今後発注される予定で、現在入札手続き中の5件でも受注調整をしていた疑いのあることが20日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は4社幹部らの任意聴取を進め、ゼネコン間の具体的なやりとりを詳しく調べる。
 JR東海は2015年以降、トンネルや駅、非常口の新設といった計22件の工事契約を締結。うち15件は、大林組、鹿島、清水建設、大成建設の大手4社が代表の共同企業体(JV)が3、4件ずつ受注している。
 さらに5件の工事は現在、入札手続きが進められている。

内容を読む
一般社団法人共同通信社 編集委員室長
橋詰邦弘
2

こちらのニュースについて共同通信 編集委員室長の橋詰邦弘さんにお話しいただきました。詳しくはこちらをクリック(※聴取期限は1週間です。)

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース