2018/11/06

ソフトバンクが携帯値下げ検討 孫氏、政府要請に対応

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は5日、東京都内で記者会見し、携帯電話の通信料金値下げを検討すると表明した。菅義偉官房長官の携帯値下げ要請に対し「真摯に受け止め、しっかり対応する。顧客還元していく」と話した。ただ値下げ幅など詳細は「今後、競争の状態を見ながら検討していく」と述べるにとどめた。格安スマホブランドの「ワイモバイル」についても1~2割程度下げる方針。
 低価格サービスの実現と成長分野を担う人材を強化するために、国内の通信事業に関わる人員を2、3年かけて4割削減する計画だ。孫氏は「実現には効率化が必要。(値下げ後も)利益を上げる」と強調した。

内容を読む
「スマートニュース」メディアコミュニケーションディレクター
松浦茂樹
7

手段として「国内の通信事業に関わる人員を2、3年かけて4割削減する」とありますが、これがイコール削減費でどれだけになるかは言ってないんですよね。下がること自体はいいのですが、とはいえ、それでインフラが弱くなるのは避けて欲しいな、と。

  • URLを
    コピー

このコラムを書いた人

他の人のコラム

関連ニュース

タイムテーブル