2017/12/06

ロシア選手団の平昌五輪派遣禁止 一定条件クリアで個人資格は容認

【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は5日、スイスのローザンヌで開いた理事会で、国ぐるみのドーピングを理由にロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じる処分を決めた。潔白を証明するなど一定条件をクリアした選手については、個人資格での参加を容認した。国旗や国歌の使用は認めない。
 ロシアで開催された前回2014年ソチ五輪で、同国による組織的な薬物投与や検体すり替えがあったとの疑惑が昨年浮上。世界反ドーピング機関(WADA)が調査で国主導の不正と認定した。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル