2018/1/31

大手、新規の飲食店は原則禁煙 厚労省が受動喫煙対策案

厚生労働省は30日、ファミリーレストランなどの大手チェーン店や新規開業の飲食店は原則禁煙とすることを盛り込んだ新たな受動喫煙防止のための対策案を発表した。吸う人が急増している加熱式たばこも規制の対象とする。
 経営規模の小さな既存店で、一定の面積以下の場合、例外的に喫煙を認める。具体的な面積は明示しなかったが、150平方メートル以下を軸に自民党と最終調整している。合意すれば3月に健康増進法の改正案を国会に提出する。当初案の30平方メートル以下から大幅に後退、例外が拡大することに医療関係者や患者団体から反発が予想される。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル