2018.10.25

理想の街づくりを目指し続ける山万株式会社 嶋田哲夫社長

nmt事務局
2
  • Podcastで聴く
  • Voicyで聴く
  • Podcastで聴く
  • ラジオクラウドで聴く
  • Voicyで聴く

ニュータウンに関する話題と言いますと、最近は開発から40年~50年近く経った地域などで、住民の高齢化が進み、商店街も撤退し、活気がなくなりつつあるというケースを数多く聞きます。その一方で、そうした大規模団地の二の舞は避けようと、計画的な街づくりを進め、開発から既に45年以上経っていながら、住民の高齢化率が3割を切るというニュータウンを、今回はご紹介します。

千葉県佐倉市にある「ユーカリが丘」という街です。不動産業者の「山万」が手掛けているもので、文化放送のある港区浜松町から、都営地下鉄と京成電鉄を乗り継いで1時間ほどのところにあるニュータウンです。山万株式会社の嶋田哲夫社長に、お話しをうかがいました。

CIMG5905.JPG

京成電鉄のユーカリが丘駅に降り立つと、眼前に三棟の超高層マンション、ホテルなどに加えて、山万が運行する新都市交通の駅が見えてきます。鉄道会社が沿線の不動産事業を手掛けるケースは珍しいものではありませんが、山万という不動産会社がなぜ、鉄道事業を手掛けるようになったのでしょうか。そこには、どんな苦労があったのでしょうか。先ず、この点から嶋田社長にうかがってみました。

「宅地を提供するに当たって、最寄りの駅から歩いて10分以内に自宅に着けるという環境を整えるために、分譲地を循環して走る鉄道の運行を考えた。昭和45年ごろに計画したもので、当時は公害問題が世間を騒がせていた時期でもあり、環境に優しい鉄道にしようと思い、ゴムタイヤで走り、排気ガスも出さない新交通システムに決めた。

ただ、当時の運輸省に認可の申請をしたところ、ド素人が電車を走らせるなど、何を考えているのかと机を叩いて怒られた。結局、当時の国鉄から職員に来てもらって指導を受けながら、鉄道を走らせた。現在は、全て山万の社員だけで、分譲地内を周回する鉄道の運行に当たっている」

CIMG5902.JPG

山万の不動産事業には、自前の鉄道運行だけにとどまらず、ユニークな取り組みが色々とあります。その代表的なものが、住宅を分譲する戸数を、年間200戸に抑える計画的な分譲です。売れる物件があるなら、一気に販売するという方法を採った方が、経営的にはメリットがありそうですが、敢えて年間200戸しか分譲しないという手法を、なぜ選んだのでしょうか。

「住宅を購入する年齢層は20代から30代。手持ちの物件を一度に売ってしまうと、その時は儲かるかも知れないが、30年から40年も経つと、入居者が全員高齢化し、街全体の高齢化が一気に進んでしまう。年間200戸に販売戸数を抑え、時間をかけて分譲することによって、街の人口構成が若年層から高齢者まで、バランスよく保たれるようになる。住宅は一生の買い物であり、理想的な街を作ろうと考えている」

「そうした理想的な街を作るために、定期的にすべての住民を対象にしたアンケートを行っている。今、この街に何が必要か。困りごとは何かといった内容を記入してもらうアンケートで、その中から必要なことを新たに手掛けたり、改善を図ったりしている。

それ以外に、毎日三人の社員が街の中を回り、住民の声を聞いている。街の困りごとは、行政に相談するより、山万の社員に相談した方が早いと言われるのも、そうした日々の活動の結果ではないかと思う。ただ、そうした取り組みを積み重ねていくと、山万の手掛ける仕事が際限なく増えていってしまう。行政にお願いする部分、不動産業者の山万が担うべき部分の仕分けについて、社長である私自身が悩んでいる」

CIMG5883.JPG

ユーカリが丘では、住民の年齢層が一気に高齢化しないように、年間の分譲戸数を抑えるといった工夫がされていますが、それでも高齢者の数は、年々増えていきます。街の中には様々な福祉施設も作られていますが、将来的にはどんな対策が考えられているのでしょうか。

「子供のための託児所、高齢者のための施設など必要なものを作っており、特に高齢者の施設は一生懸命作っている。施設で働く介護人材は、今はすべて日本人を雇っているが、将来は人手不足が予想され、東南アジア諸国を回った結果、同じ仏教国であるミャンマーから人材を呼ぼうかと考えている。

ただ、山万という会社は、ミャンマーでは全く知られていないので、人材確保のための拠点づくりとして、ヤンゴンに100室ほどのホテルを建設し、山万という会社を信用してもらったうえで、ミャンマーから介護人材を呼びたいと思っている。こうした施設の充実の他にも、一戸建てに入居している高齢者が、マンションに移りたいと考えている場合は、その住み替えを支援するサービスも行っている」

「1971年に宅地開発を始めて、ユーカリが丘も50年が経とうとしている。ゴーストタウン化を避け、シャッター通りの商店街が広がってしまうのを防ぐために、オフィスビルを建てて、企業を誘致することも計画している。

そのほか、ショウビジネスの拠点となるようなエンタテインメント施設を作り、街ににぎわいを作り出すことなども考えており、社員にどんどんアイデイアを出すようにハッパをかけている」

宅地開発から約半世紀。他のニュータウンで見られるようなコミュニテイの崩壊を避けるため、山万の挑戦が続いています。

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast
文化放送「The News Masters TOKYO」http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)こちらから聴けます!
→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:西川文野(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

  • Podcastで聴く
  • Voicyで聴く
  • Podcastで聴く
  • ラジオクラウドで聴く
  • Voicyで聴く
  • URLを
    コピー
特集一覧
タイムテーブル