箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後 東京国際大学・大志田秀次監督

2021.01.02

―往路を振り返って

我々としては予定通り、1区、2区で前に行って、区間10番以内でしのぐという作戦というか、流れを作ると言う意味ではそういう流れでいったので、6位というところも予定通り。我々よりも前のチームが後ろの方にごそっといるんで、連続シードがまずすごく重要と思っているので、明日はそれに向けて選手に葉っぱかけたいと思います。

―選手は力を出し切った

ほとんどが初出場だったので、そういう面では、駅伝の雰囲気とか入り方とか、今日は天候ですね、寒かったり、風があったり、そういった部分は考慮せずに、タイムだけで追いかけていても、タイム的には悪いんですけど、中身的にはよく頑張ったかなと思います。

―天候の厳しさとは

海岸に出てから風が強くて、うまく乗り切れなかった。全体的な区間記録も例年より悪いかなと思っているんですけど。

―ビンセント君は期待通りの力を出せた

そうですね。予定では5分35、5分15くらいを想定していたんですけど、20㌔まではとんとんでいって、最後の3㌔が行ききれなかったですね。

―やはりあのコースは厳しい

そうですね。

―ビンセントの強さは

与えられたペースを確実に刻んでいける。ぶれない。今回、コースを車で見ながら、このコースは10㌔から15㌔はペースダウンする。ちょっと上りがあるから。というところで、あんまり狂いがなく、走っているので、ああいったアップダウンの中でも体幹の強さというか、すごいなと思いますね。ラスト3㌔は、上りがあんまり得意じゃないので、そういったところは最後へばってしまいましたけど。あの中で区間新を出したというのは、5分台というのはやっぱり強いかなと思いますね。

―性格は

すごくまじめです。競技のことに関しても、私生活に関してもまじめに捉えているので。日本人にもまねしてほしい。ケニアで代表になるのは難しいところもあるんでしょうけど、最終的には国を代表する選手というのは持っていると思う。

―復路は

4年生が中心になる。6、7が代わってきて、8~10はそのまま。4年生は集大成という思いを、というのが大事になってくるかと思う。

―シードの手応えは

やってみなくちゃ分からない。まず6区終わってからが大事かなと思っている。うちよりも力のあるチームがたくさんあるので、5分という差は差じゃないと思っている。

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.