コロナ感染の西武・源田が実戦復帰 初の二軍戦でヒットの記念球もらい「家に持ち帰って浸りたい」

コロナ感染の西武・源田が実戦復帰 初の二軍戦でヒットの記念球もらい「家に持ち帰って浸りたい」

Share

西武は15日、主力3選手がファームで揃って実戦復帰を果たした。

先月27日に新型コロナウイルスの陽性判定を受けたキャプテンの源田壮亮内野手はイースタン・日本ハム戦(CAR3219フィールド)に2番ショートでスタメン出場。「隔離期間中は食事して、薬を飲んで、夜は試合を見るという生活でした」という源田だが、初回から二塁ベース寄りの打球を軽快に処理。第1打席は四球を選んで出塁すると、佐藤龍世の右前打で本塁に滑り込んだ。

「技術的な部分では思ったより動けたなと感じましたが、まずは色々な動きに慣れて体力を戻していきたいと思います」と、5回まで出場し、2打数1安打。第3打席で右前打を放つと、ガッツポーズを見せながら「やったぁー!やったぁー!」と嬉しそうにベンチに戻った。

ルーキーイヤーから一軍でショートを守り続けてきた源田にとって、この日はプロ5年目にして初の二軍戦。コロナという思わぬ形での二軍デビューとなったが、「初ヒット」の記念球を、すかさず松井稼頭央監督が回収した。「ボールが欲しいんですって言うからホンマかなぁと思いながらもらっておいたけど」と笑う松井監督に対し、源田は「きょうはヒットが出たらボールをもらうって決めていたので、家に持ち帰って浸りたいと思います」と笑顔をみせた。

【関連記事】
西武・源田が新型コロナ感染 遠征帯同の計65名はPCR陰性判定、緊急先発に控え野手2人で交流戦開幕

西武・木村が実戦復帰 濃厚接触者に特定され広島で隔離生活「栗山さん中村さんに心配してもらって」

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ