村上信五くんと経済クン 合計197枚ものチケットを入手!“オリンピックお兄さん”観戦記

村上信五くんと経済クン 合計197枚ものチケットを入手!“オリンピックお兄さん”観戦記

Share

毎週土曜朝9時~放送している「村上信五くんと経済クン」。

8月14日の講義は「東京五輪と経済」をお勉強。

講師は“オリンピックお兄さん”こと、実業家の滝島一統さんです。

抽選では1枚も当たらなかったにも関わらず、197枚もの東京オリンピックチケットを入手したという滝島さん。

そのからくり、そしてチケット払い戻しに関して、今リアルに起きているお金の問題を教えてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【“オリンピックお兄さん”こと滝島一統さんとは?】

2006年のトリノオリンピックから、夏と冬のオリンピックを7大会連続現地で生観戦。ロンドンオリンピックからは、開会式から閉会式まで現地に滞在しています。ソチオリンピックでTwitterを使い始めた頃から、フォロワーに「オリンピックお兄さん」と呼ばれたのがきっかけで、以後その愛称が定着。お仕事は不動産業とメロンパン店を経営。お給料のほとんどをオリンピックに費やし、今回も197枚ものチケットを入手しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【“オリンピックお兄さん”になったきっかけは?】

トリノオリンピックまでは、全くスポーツ観戦に興味がなかった。たまたま行った日本国内のフィギュアスケートの大会で、エッジの氷をかく音が会場中に響き渡ることなどに感動。日本の大会でこんなに感動するんだったら、数か月後のオリンピックはもっと感動するに違いないと思ってトリノオリンピックへ。そこで荒川静香さんが金メダルを獲った瞬間を生で観て、その熱気に魅了されオリンピックに夢中になった。その後、30歳の時、先輩に「楽しい夏ってあと何回来ると思う?」と言われた。体のことを全く気にせず遊べるのが50歳までとしたら、あと20回しか楽しい夏は来ないと思った。そしてその時、オリンピックは4年に1回しかないので、欠かさずに行こうと決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【197枚ものチケットをどのように入手した?】

200枚ほど抽選で申し込んだが、全部外れた。日本では当たらないオリンピックだと思って、海外用のチケットを買うことにした。海外に住んでいる人しか買えないチケットだが、滝島さんは海外でも仕事をしているため、マレーシアやフィリピンのビザを持っている。ビザがあれば海外用のチケットを買えるということで、可能な限り購入した。その後、海外からの観客を受け入れないことになったが、滝島さんは日本にいるため、チケットは有効と言われた。その時、たくさんキャンセルが出たので、手あたり次第買ったところ197枚ものチケットを入手することができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【その後無観客に…チケットの払い戻しは?】

放送した8月14日の時点では、まだ確定していないとのこと。東京都が払うのか国が払うのかがおそらくまだ決まっていない。その関係で、いつどのように返せるかが決まっていないもではないか。問い合わせたところ、早くてパラリンピック後、遅ければ北京オリンピック前後になると言われた。しかも、為替の送金の手数料などがあるため、15%~20%ほど手数料がかかる可能性もある。ちなみに、197枚の購入に453万7000円かかったとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【“オリンピックお兄さん”が選ぶ東京オリンピック胸アツシーンベスト5】

〇第5位:自転車の女子ロードレース

静岡県で開催された自転車競技は有観客だったため、チケットを譲ってもらって、滝島さんが生で観戦できた競技。数学の博士号を持つ、オーストリアのキーゼンホーファー選手がスタートから猛ダッシュをかけ、ぶっちぎりで金メダルを獲得。その姿勢から、色々なことを学んだ。

 

〇第4位:柔道 阿部一二三選手・詩選手の兄妹同日金メダル

注目のされ方も尋常ではなく、とてつもないプレッシャーがあったと思う。それをはねのけての金メダル。そして、2人で金メダルを持って写っている笑顔の写真がとても印象的だった。

 

〇第3位:男子サッカー3位決定戦

普段は冷静沈着な久保選手の涙が印象的だった。これ以上は何も話せない…とのこと。

 

〇第2位:ソフトボール決勝

13年ぶりの金メダルを獲得し、上野投手が監督と抱き合ったときの涙が印象的だった。スーパープレーもたくさん見られて、試合の内容もよかった。バックボーンから試合まで、すべてにストーリー性があり、映画にできるほど。

 

〇第1位:女子バスケットボール決勝

高田真希キャプテンと馬瓜エブリン選手は滝島さんと面識がある。だからこそより応援していた。ベルギー戦の残り15秒でのスリーポイントシュートでの逆転など、何もかもが漫画を超えるような現実だった。決勝後、集合写真を撮るとき、最初は少し悲しそうだったが、高田真希キャプテンが「もう1枚お願いします!最高の笑顔でいくよ!」と言って笑顔で写真を撮っていた様子がとても印象的だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

滝島さんは、もうすでに北京オリンピックに向けて準備をしているとのこと。なんとオリンピックのために、北京に家を買って中国の住民票をとったそうです…!すごい情熱!!そんな滝島さんと、オリンピックのメインキャスターを務められた村上さんと共に東京オリンピックを振り返った今回の講義は、とても貴重な時間だったなと感じています。また、オリンピック関連楽曲のひとつ、関ジャニ∞の新曲「凛」もオンエアしました。MVの裏側も伺いましたが、本当に素敵な曲ですよね…。村上さんのお話を聞いてから曲を聴くと、より沁みました。願っていたような未来じゃない現実が続いていますが、北京オリンピックは、どうか滝島さんが生で観戦できますように。そして、大勢の観客の前で、あたたかい声援を受けながら、アスリートのみなさんが力を発揮できますように…。今は、一刻も早い新型コロナ収束を願うばかりです。

坂口愛美

 

 

 

 

 

Share

関連記事

この記事の番組情報


村上信五くんと経済クン

村上信五くんと経済クン

土 9:00~10:00

「経済初心者」の村上信五が、ゲストの方に教えを請いながら 「お金」に強くなってゆく番組です。 「お金持ち」しか持っていない情報を イチ早く皆さんに提供できるよ…

ページTOPへ