2021年日本民間放送連盟賞・ラジオ報道番組部門にて文化放送が「最優秀」を受賞!

2021年日本民間放送連盟賞・ラジオ報道番組部門にて文化放送が「最優秀」を受賞!

Share

優秀な成績と認められる作品を表彰する『2021年日本民間放送連盟賞』中央審査会審査結果が16日、民放連理事会において発表されました。文化放送は【ラジオ報道番組部門・最優秀番組】において『文化放送・戦後75年スペシャル「封印された真実~軍属ラジオ」』が受賞の栄誉に輝きました。文化放送が「最優秀」を受賞したのは、2016年(ラジオ報道番組部門「アーサー・ビナード『探しています』」)以来、5年ぶりの快挙となります。

パーソナリティを務めたのは、アメリカ人の詩人アーサー・ビナード氏で、2016年に同じくラジオ報道番組部門・最優秀を受賞した『アーサー・ビナード 探しています』のパーソナリティも務め、文化放送では2017年から『アーサー・ビナード 午後の三枚おろし』(月~金曜午後5時34分頃~)を担当しています。ナレーションは鈴木純子アナウンサーが担当しました。

地上波送信所(埼玉県川口市)は、かつて日本放送協会(現NHK)の放送施設だった関係で、地下にその「隠蔽放送所」が建設されたことが発掘調査により明らかになっています。

サイパンから米国が日本に向けて放送したAM(中波)によるプロパガンダ放送の第1回放送を当時の貴重な原稿をもとに再現し、また様々な記録と証言から日本が終戦年に行った「防圧放送」の音声も再現してお届けしました。

戦時におけるラジオ放送は、敵国に対して「兵器化」し、メディアとして本来の使命と真逆の役割を担ってしまいました。そうした「負の事実」と向き合いながら戦後75年の封印された真実を解き明かしました。

この番組は文化放送ポッドキャストWEBサイト「PodcastQR」からいつでも聞くことができるほか、Podcast配信プラットフォーム「ApplePodcast」や「Spotify」、「AmazonMusic」などでも聞くことができます。
(今すぐ聞く → https://podcastqr.joqr.co.jp/programs/special

ぜひお聞きください。

柿沼久雄さん(元NHK技術者)とアーサー・ビナードさん
Share

関連記事

この記事の番組情報


アーサー・ビナード 午後の三枚おろし

アーサー・ビナード 午後の三枚おろし

月~金 17:34ごろ〜17:44ごろ

詩人、アーサー・ビナードが、特定のテーマ(例:「チャップリン」や「歴代の総理大臣」など)を取り上げ、今につながる“考えるヒント”を提供する番組。朝は「武田鉄矢…

ページTOPへ