「渋幕」渋谷教育学園幕張中学校・高等学校の田村哲夫 校長先生がいま振り返る、創立への想い。

「渋幕」渋谷教育学園幕張中学校・高等学校の田村哲夫 校長先生がいま振り返る、創立への想い。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、
有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

10月は、千葉県千葉市にある私立の学校、
【渋谷教育学園幕張中学校・高等学校】の校長、田村哲夫 先生にお話を伺っています。

第2回は、「渋幕」を開校した田村先生が、当時どんな想いで学校を作ったのか?について。

1980年代、世界の国々に期待されてきた日本における教育の現場で、
田村校長先生が考えた「足りないもの」。
それは、国際感覚をもって物事を考えることだったそうです。

大切なのは「多様であること」。
では、多様であるとはどういうことか?
田村校長先生から、とても興味深い3つの言葉が伺えました。

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 公式HP

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加