「入国管理局って聞くだけで緊張する」にしゃんたがスリランカ人女性死亡事件に言及 〜10月14日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

「入国管理局って聞くだけで緊張する」にしゃんたがスリランカ人女性死亡事件に言及 〜10月14日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

Share

10月14日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)に、スリランカ出身の社会学者・にしゃんたがゲスト登場。日本の入国管理局が改善すべき問題について語った。

スリランカ出身の社会学者・にしゃんたが登場。
日本の入国管理局と、日常生活とのギャップを語った。

にしゃんた「日本の社会って優しいじゃないですか。それは周りの目があるからっていうのもあると思うんですよ。だけど入管っていうのはね、隔離された小島なんですよ。『外国人』か『日本人』しかいなくて、カウンターの中に『日本人』がいて、外に『外国人』がいる。だからそこには、(日常生活とは)違う日本人がいますね。やっぱこう……横柄ですね。冷たいっていうんですかね、悲しくなる」

投げやりでキツイ物言いや態度を取られることも珍しくないそう。

にしゃんた「日本で普段は楽しく過ごしてますけど、僕は入管に近づくにつれて、気持ちがダークになるんですね。入管って聞くだけで、嫌な緊張感が走る」

今年8月には、スリランカ出身の女性が、名古屋の入国管理局で十分な医療を受けられず病死するという事件も起きた。
この事件について、にしゃんたは「スリランカ人としてどう思いますか?」というインタビューを受けたが――

にしゃんた「スリランカ人としての意見はないんですよ。客観的に見て、日本人として『やってしまったな』と思う。日本恥ずかしいよね、と。僕は元の国籍を捨てて、日本を選択してるわけですよ。これはある意味『この国がいい国なんだ』と自己肯定したいんですよ。よそから褒められる国であってほしい。でも今回はアウトだよねと」

更に「入管のシステムっていうのは、ここ最近変わったものなんですか?」と質問されると――

にしゃんた「日本は昔からですよ。最近は超過滞在者が増えて、入管の職員にはある意味ストレスがかかったかもしれない。でも入管の文化っていうものは、根本的に変わっていないと思いますね」
大竹「今の入管の間違ってると思うところはどこですか? どのへんが一番の問題なんでしょうか?」
にしゃんた「日本はどうしたいかってことを言わないと。今は技能実習生のことを、勉強させずに働かせてますよね。国と入管と企業が、グルになってやってるんですよ。そういうのを根本的に変えていかないといけない。あとは入管が収容や送還などを、法を介さずして全部決められるという体制を変えることが大事ですよね」

にしゃんたは「今回の事件については、多角的に見ないといけない。法律の改正も必要だし、不法滞在者だからって見殺しにしてはいけない。同時進行に進めるべき問題が、凝縮されてると思いますね」と力強く語った。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ