太平洋戦争開戦80年 戦争について深く考える機会に ~12月10日「おはよう寺ちゃん」

太平洋戦争開戦80年 戦争について深く考える機会に ~12月10日「おはよう寺ちゃん」

Share

12月10日のおはよう寺ちゃん(文化放送)では、寺島尚正アナウンサーと、金曜コメンテーターをつとめる元警視庁北京語通訳捜査官で作家の坂東忠信氏が、12月6日にテレビで放送された報道番組で取り上げられていた太平洋戦争に関する話題に注目する場面があった。

戦争への意識が薄まっていないか?

日本テレビの夜の報道番組では、太平洋戦争から80年が経過するということで、発端となった真珠湾攻撃(日本時間1941年12月8日)を特集しており、魚雷を投下する雷撃機の搭乗員として真珠湾攻撃に参加していた現在103歳の男性に、番組キャスターの櫻井翔さんがインタビューした。いくつかの質問のなかには、男性の当時の心情を知ろうとして、そうとう踏み込むものもあった。その質問に対して男性は口籠ってしまう場面も見られたという。相手の立場に立った質問の投げかけ方も考えるべきだったかもしれない。

このニュースに対して坂東氏は「インタビューしたのは櫻井さんですけども、これは構成する作家さんや、それにOKを出すプロデューサーさんとかもいるはずなんです。櫻井さんは歌を歌う方ですよね? 出された台本通りに読んでるんじゃないですかね? となると、これは組織的な問題だと思いますよ」と指摘した。さらに、坂東氏はこう続けた。

「戦争について自分でしっかり考えてないのかもしれない。ここが今の戦争教育ができていないというところ。(戦争では)大切な人を守るために(中略)命のやり取りをしなくてはいけない……それが戦争なわけです。そこはきちん考えなくてはいけないし、私たち自身もそういったところをもっと深く考えなくてはいけません」(坂東氏)

2021年は太平洋戦争から80年、また、戦後76年にあたる。国民の大半が戦争を知らない。坂東氏は、戦争についての意識が薄まってしまっている現代の日本人に警鐘を鳴らしていた。

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

ページTOPへ
// 2022.04.28追加