アナ歴40年!連載企画㉓野村邦丸が唯一呼び捨てできるミュージシャンとは⁉

アナ歴40年!連載企画㉓野村邦丸が唯一呼び捨てできるミュージシャンとは⁉

Share

【野村邦丸 ワタシの履歴書 ~アナウンサー歴40年記念特別連載企画~】

『第23回 木根! 俺はお前の先輩なんだよ!』

文化放送公式ホームページをご覧の皆様、野村邦丸です。
またまた戻ってまいりました。
最初はアナウンサー生活40年の中で、印象的なエピソードを数回程度、
ということでスタートしたこの連載。

ところが、記憶をたどり始めてみると、まあ、出てくるわ出てくるわ。
前回までで、ようやく半分までたどり着いたか、着かないか。
こうなったら、とにかく、行けるところまで行ってみようと思います。
引き続き、お付き合いのほどを。

まずは、前回途中で終わった、「にちよう道楽王」の続きから…。
レギュラーの一人、TMネットワークの木根尚登さん。
実は私の母校、日大明誠高校のご出身ということは、かねがね聞き及んでおりました。

「どう考えても、俺の方が年上だなー」
このシチュエーションをどう生かそうか、いろいろ考えた末に…。
生放送の初回。

当日、番組の中で普通にプロフィールをご紹介して、
「日大明誠高校のご出身なんですね。校歌を覚えてます?
私、カンペ見ずに歌えるので一緒に歌いましょうよ」
といって私、なじみ深い校歌を「朝日に映えて…」と歌いだしたんです。

木根さんは「よく下調べしてるな…」と感心されてたんじゃないかと思いましたが、
私が歌う間、うろ覚えの記憶で、ところどころ御唱和くださいました。

明誠、われらが母校…と高らかに歌い上げて。
木根さんは、
「邦丸さん、すごい! よく他人の学校の校歌をそこまで歌えますね」

そこで、私、ガラリと態度を一変させまして…。
「木根! 君は日大明誠のOBだね。…俺もOBだよ」

木根、絶句。
「ウソでしょ…」
もう、目が点です。
「先輩でいらっしゃったんですか! 大変失礼いたしました…」

それからはもう、月に一度の出番となると、毎回「先輩、おはようございます」と、
丁寧にご挨拶くださって。

TMで言えば、もうお一方、宇都宮隆さんも、やはり日大明誠の後輩なんです。
で、初めて番組にいらしていただいたとき、同じネタでチャレンジしてみたんですが…。
こちらは反応、薄かった!

にちよう道楽王の放送中、木根さんがサンプラザでソロコンサートをやったことがあって
「ぜひ来てください」とじきじきにお誘い戴いたことがあります。

それだけならいいんだけど「前説をやってくれませんか、録音でいいから…」って。
作家の稲原さんも交えて、あーだこーだ話しながら、原稿作って録音しました。

当日、「ご来場ありがとうございます。文化放送で木根さんとご一緒している野村邦丸です。
実は私、日大明誠高校で…」って録音が流れると、ファンの皆様が暖かい感じで
受け入れてくださって…。

コンサートが始まると、木根さん、MCで「先輩に前説をお願いしました。
ありがとうございました。先輩、どこですか…」って。

もう仕方がないから小さく手を振りました。
ファンの皆様も拍手してくださって、先輩思いの木根さんにただただ感謝。
そんなにヨイショするなよ、ってその時は思いましたけどね。
でも木根尚登、私が唯一、呼び捨てにできるミュージシャンなんです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
野村邦丸:1957年1月17日生まれ。川崎生まれ、日大明誠高校・日大法学部新聞学科を経て1981年茨城放送入社、
フリーを経て1991年文化放送入社。2017年定年退職、再びフリーとなる。
「くにまるジャパン極」パーソナリティ。
家族・高校野球・シカゴ(ロックバンド)、そして酒と肴をこよなく愛する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

📻くにまるジャパン 極 平日09:00~13:00生放送📻
12月13日からのスペシャルウィーク期間中
「くにまるさん、お客さんですよ!」には
超豪華ゲストが勢ぞろい!!
〇12月13日(月)
南野陽子さん
〇12月14日(火)
阿川佐和子さん
〇12月15日(水)
斉藤由貴さん
〇12月16日(木)
池江璃花子さんのお母様の池江美由紀さん
〇12月17日(金)
元日本ハムのピッチャーの斎藤佑樹さん
詳しくはコチラをご覧ください!!

また、スペシャルウィーク期間中は
「現金1万円クイズ」や「BIG BOSSこと、日本ハム・新庄剛志新監督のオフィシャル名刺プレゼント」「デスクdeみかんプレゼントキャンペーン」など
プレゼント企画も盛りだくさん!!

お聴き逃しなく!!

 

文化放送の番組はスマホやPCでも
お聴きいただけます👇

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

過去の記事はこちら👇
【野村邦丸 ワタシの履歴書~アナウンサー歴40年記念特別連載企画~】

『第1回 必修単位を落としてもアナウンサーになれる!?』

『第2回 局の玄関にコタツ、トン汁食べながら生放送で県警から大目玉』

『第3回「完璧にパクった」NHK松平アナに仁義を切った話』

『第4回 主夫として生きるつもりが「いつまでそんなことやってんだ!」と一喝されて…』

『第5回 控室で爆睡、本番でスポーツのスの字も聞かれなかった入社試験に合格で「ビックリ仰天」』

『第6回 どうせ中継はないとくつろいでいたら…』

『第7回 無事野球中継デビュー、連日奮闘もバラエティへの憧れが抑えきれず…』

『第8回 「今までにないニュース番組を作る」確かにタイトルは今までになかったが…』

『第9回 棺を乗せた軽トラの車列を見て「何も喋れない…」』

『第10回 もう家業はダメかもしれん。でも従業員は全員生きとった。これだけや…』

『第11回 阪神淡路から戻った夜「ワンカップの味がしない…」』

『第12回 ゲームセット、でも解説者はとっくに消えていた』

『第13回 超高級スナックの勘定書に顔面蒼白となった若きエース』

『第14回 「ノ…ノムダクニマドゥでふ…」酩酊状態で放送開始!』

『第15回 お前と野球中継するつもりはない。面白い中継をする』

『第16回 本人の知らないところで誕生していた…我がラジオネーム「邦丸」』

『第17回 無謀なワタシを本気で叱ってくれた、後の愛妻ミッちゃん』

『第18回 お待たせしました。七五三のなれの果ての入場です!』

『第19回 阪神淡路、地下鉄サリンの衝撃とリハビリの日々』

『第20回 恐~い借金取りのお兄さんが「まあ、上がれや」』

『第21回 警察公認のノゾキって…そんなのアリ!?』

『第22回 魚を追って、伊勢正三は渓流の彼方へ消えた』

Share

関連記事

この記事の番組情報


くにまるジャパン 極

くにまるジャパン 極

月〜金 9:00~13:00

その他の主な出演者

人生ひとまわり。 2017年1月に還暦を迎えた野村邦丸が27年間在籍した文化放送を退職し、 フリーアナウンサーの道を歩み始めています。 これに合わせて大幅リニ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加