【放送レポ】元旦特番「桂宮治の新春シバハマらくご祭り」ゲストに声優・三森すずこさんが出演!

【放送レポ】元旦特番「桂宮治の新春シバハマらくご祭り」ゲストに声優・三森すずこさんが出演!

Share

1月1日(土)、文化放送にて放送のラジオ特別番組「桂宮治の新春シバハマらくご祭り」が放送されました。パーソナリティを務める落語家の桂宮治さんは、文化放送が提供する落語専門聴き放題サービス「らくごのブンカ」で好評配信中の「桂宮治のらくらく本舗」でレギュラー出演しており、今回初の冠番組での地上波ラジオ放送出演となります。

パーソナリティの桂宮治さんに加え、レギュラー番組でアシスタントを担当している西川文野アナウンサーも出演。息ぴったり(?)の二人の軽妙な掛け合いも飛び出しました。

さらに今回の番組スペシャルゲストとして、「ウェルカムTokyoイベント」広報サポーターを務める人気声優・三森すずこさんが出演。「落語に触れた機会は小さい頃に家族で見に行ったぐらい。それと飛行機の機内サービスで聴いたことが・・・」という三森さんに、わかりやすく落語の世界の魅力をお伝えする特別番組となりました。

話題は、元旦放送ということに因んで、「お正月」の話題に。

元旦の日は必ず黒紋付を着て寄席に出かける落語家のお正月。
さらに、二つ目以上になると出会った弟子にお年玉と手ぬぐいを渡す文化があるとのこと。
出会った弟子には全員必ずお年玉を渡さなければならないそうで・・・

宮治「出会った人には知らない人のふりをしています。」

一方声優業界では、後輩にお年玉をあげる文化などはないとのこと。
お正月は数少ないアフレコの現場もお休みになる貴重な時期なので、海外旅行に出かける声優の方も多いとか。
三森さんのお正月の過ごし方は、、、

三森「家族みんなで百人一首をしていました!」

落語家も驚きの文化的なお正月に、一同大盛り上がりでした。

そして、三森さんと西川アナから、現在浜松町・大門エリアで開催中の「シバハマらくご祭り」に関する情報をお届け。

「シバハマらくご祭り」では、浜松町近辺のエリアで気軽に落語の世界を体験できる「落語ウォークラリー」が開催中。

さらに、桂宮治さんも出演する落語会イベント「シバハマらくご祭り〜談笑・小痴楽・宮治の会〜」に関する情報をお届けしました。

ウォークラリーの参加方法や、現在好評販売中の落語会イベントの情報などは、こちらの記事からチェックしてください!

さらに、今回落語を生で聴く機会の少ない三森さんのために、宮治さんから渾身の一席をお届けする特別コーナー。
スタジオ内で、演目「初天神」を生披露していただきました。

三森「登場人物が多いのに、見事に演じ分けがされているところ、でもブースの中には宮治さん1人しかいらっしゃらないので・・・すごかったです!」

桂宮治さん、流石の真打の腕前をお正月から存分に披露していただきました。

最後に、せっかくの新春ラジオなので、それぞれ今年の目標を発表。

桂宮治さん「昨年真打に昇進させていただき、たくさんの方にお世話になったので、皆さんから昨年いただいた恩返しをする1年にしたいです。」

三森さん「まずは健康に気をつけることと、、、昨年は外画の吹き替えだったり、様々な仕事を経験したので、今年も満遍なく楽しめたらな思います!」

最後に少しだけ三森さんの生アフレコ披露もあり、大盛り上がりの約60分となりました。

この放送はradikoのタイムフリー機能で1週間お聴きいただけます!
こちらからお楽しみください。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

この記事の番組情報


らくごのブンカ

らくごのブンカ

文化放送が運営する落語専門サブスク『らくごのブンカ』1000件以上の落語コンテンツが月額税込550円で聴き放題! 登録初月は無料でお楽しみ頂けます。まずはお試…

ページTOPへ