第98回箱根駅伝 5区区間賞 帝京大学・細谷翔馬選手インタビュー

第98回箱根駅伝 5区区間賞 帝京大学・細谷翔馬選手インタビュー

Share

第98回箱根駅伝で5区区間賞の帝京大学・細谷翔馬選手インタビューです。

Q:レースの振り返り
1~4区の選手の走りをテレビや仲間からの連絡をもらって確認しながら、勇気をもらっていた。往路優勝を目標にしていたのでしっかり順位をあげて最終的に往路優勝を目標に走った。タスキをもらった時はそこまで具体的なプランはなかった。20.8キロで力を出し切ることだけを目標に考えた結果がこの結果につながったのかと思う。

Q:チームの結果については?
チーム史上初の2位ということで嬉しい部分が大きい。しかし往路優勝が目標であったので悔しい部分もある。明日は復路の選手のサポートをして総合3位に貢献したい。

Q:レース前の会見の中で「5区の走りでは誰にも負けない」といっていて、その通りの走りをできたことについては?
そういった発言をしたからにはしっかり走らなければいけないと思っていた。5区で2年連続区間賞をとっている選手はなかなかいなかったのでそういった面も意識して走った。

Q:向かい風があったことについては?
前半は感じなかった。13~14キロ過ぎた地点から風を感じた。走っている選手はみんな同じ条件だと割り切った。またそこで追いつけるチャンスがあるかなと思ったので、特に気にすることはなかった。

Q:トップと2分45秒の差があってタスキをもらったことについては?
トップとの差は気にしていなかった。國學院と東京国際との差を意識して前を追っていった。また駒澤の金子選手と並走していて走りやすかった。離してから國學院が見えてきたのでそこから元気がでた。いい位置でタスキをもらうことができた。

Q:山登りはどうでしたか?
小さいころから箱根駅伝を見てきて、憧れの存在であった5区を2回走ることができて楽しかった。

Q:レース前の山登りのイメージは?
タイムとして69分台を目標にしていた。去年のレースは去年のレース。今年のレースは今年のレースと考えていた。2021年通して練習してきたこと昨年のレースに上乗せして走りたいと考えていた。自分の力を出し切ることを考えて走った。登りはリズムが大事。自分のリズムで刻んでいくことを意識した。

Q:中野監督からの印象に残っている指導は?
今日のレース中も言われたのですが、自分は4年間かけてここまでやってきた。1・2年はなかなか結果が出なくて悔しい思いをしてきた。そういったことがあり3・4年と少しずつ結果が出てきた。帝京にきて継続して練習を積むことができて、同学年にも恵まれてとてもいい4年間だった。

【実況】往路2位フィニッシュ帝京大学

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加