おうち時間でアトラクションを楽しめる遊園地が開演中!? ~1月3日(月) ニュースワイドSAKIDORI!

おうち時間でアトラクションを楽しめる遊園地が開演中!? ~1月3日(月) ニュースワイドSAKIDORI!

Share

「ニュースワイドSAKIDORI」で毎週月曜日にお送りしているコーナー、「サキドリ最前線」3日(月)の放送では、吉田愛梨レポーターが、VR(仮想空間)の遊園地を楽しめるイベントを紹介した。

空気が澄んだ冬はイルミネーションが最も映える季節だが、池袋西口公園に輝くイルミネーションを見ながら、遊園地のアトラクションに乗った気分を味わえる「夜空のVR遊園地」が開園しているのをご存じだろうか?

これは池袋にオフィスがある株式会社エクストリームが、池袋のイルミネーションを自宅でも楽しんでもらおうと、イルミネーションイベント(主催:池袋西口公園イルミネーション実行委員会)などで池袋西口公園の景色をドローンで撮影した映像にCGの遊園地を組み合わせ、VRで好きな場所からアトラクションを楽しめるコンテンツを作成したものだ。

現在、アトラクションは上空150mから一気に急降下するフリーフォール、グローバルリングを線路に見立て機関車に乗り一周できるイケトレ、観覧車の特等席で池袋の夜景を眺めることができるエクストリームリング、閉園してしまった某遊園地からオマージュしたというどこか懐かしい回転木馬エクストリームゴーラウンド、池袋の夜景を楽しみながら東京芸術劇場にも潜入する飛行機マイクロプレーンの5つが楽しめる。
YouTubeで動画を見ることができるので、ダンボール製のVRゴーグルにスマートフォンをセットして、サキドリの生放送で、スタジオで体験した。
フリーフォールで急降下を体験した坂口愛美アナウンサーは、「ひゃーーーーー!」と叫び声をあげ怯えた表情。

マイクロプレーンを体験した斉藤一美キャスターは、「池袋はきらびやかだなあ!」と羨み、上下左右に首を動かして池袋の夜景を堪能した。

動画を再生するだけでも楽しめるが、VRゴーグルをつけて右下のゴーグルマークを押してから再生すると一層臨場感がありオススメだ。
視界を遮るものがなく、本当に遊園地の中にいるんじゃないか?と錯覚するほど、ハラハラドキドキしながら、夜景にうっとりとする新感覚を味わうことができる。
ダンボール製のVRゴーグルは、200円ほどでネット購入できるほか、池袋西口商店街や豊島区の区民センターなどでも、無料で配布されている。

この「夜空のVR遊園地」は、今月31日(月)までの開園だ。
コロナ禍の感染拡大で、また自宅に籠る機会が増えそうだ。
自宅にいながら池袋の街へ繰り出し、イルミネーションにアトラクションにと満喫できるVRを体験してほしい。

『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI』は平日午後3時30分~5時50分、文化放送(AM1134KHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。
radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで内容をお楽しみ頂けます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!

斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!

月~金 15:30~17:50

その他の主な出演者

文化放送は、スタートから62年の『ニュースパレード』を中心に『ワールドホットライン』『本気でDONDON』などで数々のスクープをつかんできました。 『SAKI…

ページTOPへ