ラブホテルがテーマの絵本とは? 『人のセックスでご飯を食べる』作者が登場 〜1月13日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

ラブホテルがテーマの絵本とは? 『人のセックスでご飯を食べる』作者が登場 〜1月13日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

Share

1月13日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)には、絵本作家・かきぬまさんが登場。かつてラブホテルで働いていた経験を描いた「人のセックスでご飯を食べる」について紹介した。

かきぬまさんは3年前、ラブホテルを題材にした絵本「人のセックスでご飯を食べる」を作成。昨年新聞記事で紹介され、多くの注目を集めた。

小島「絵本のタイトルを聞いて、『いらやしい話なのかな』『グロテスクな話ばかりなのかな』と思う人もいるかもしれないけど、すごく自信がなかったかきぬまさんが『ああ人ってみんな不完全で、私も不完全でいいんだよな』と思うるようになったって話なんですよね」
大竹「どういう風に不完全だったんですか?」
かきぬま「人と自分を比べがちで。見た目とか性格を比べて、落ち込んで、人と目を合わせられないみたいな性格だったんです。『自分は不完全だ』っていう思い込みが強すぎるというか」

ラブホテルの仕事は、人と目を合わさない仕事だった。
大学終わりに働けて、接客も不要。かきぬまさんは「全部そろっていて、これしかないと思って」と語る。

かきぬま「ラブホテルの仕事を通して、誰にでも隠している部分や見せられない面があると知って。普段は人の表の面しか見られていないので、そういうことを知れたのは良かったなと思いました」

業務はハードで、汗水たらす体育会系。
同年代のスタッフも多かったが、似たようなタイプが多いためか、付き合いに苦労は少なかったそう。

小島「使い終わった個室の片付けを、15分でしなくちゃいけないんですよね」
大竹「普通のアルバイトだったら、見るのは人の表面だけで、そういう裏面は見ないよね。しかも色々な人が来るし」

作中で特に掘り下げられていたのは、客室のお風呂の使い方。

かきぬま「お風呂にろうそくが垂れていると、掃除が難しいんですよ。浴槽を傷つけちゃいけないし、削って取れるものでもないし。シールを剥がすようにちょっとずつペロペロ掃除します」

他にもベッドパネルにコンドームが貼り付けてあったり、凄まじい量のローションが消費された形跡があったり……数々のエピソードが明かされた。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ