日本女子大学附属中学校の創立者、成瀬仁蔵が遺した言葉。

日本女子大学附属中学校の創立者、成瀬仁蔵が遺した言葉。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、
有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

目次

  1. この記事の番組情報

2月は、川崎市多摩区にある私立の女子校、
【日本女子大学附属中学校】の椎野秀子校長先生にお話を伺います。

第2回となる今回は、どんな創立者が始めた学校なのか?その歴史について。

創立者は成瀬仁蔵さん。
1901年、日本初の、女子の総合的な高等教育機関としてスタートしました。

学校の建学の精神や理念として伺った言葉が、
「自念自動」
三綱領 「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」
今の時代にこそ生きる、この言葉の意味とは?

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

日本女子大学附属中学校 公式HP
オンライン合同学校説明会ではまとめが見られます!

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加