「国際長編映画賞はドライブ・マイ・カー!」アカデミー賞を笠井信輔が大予想!…ハズレたら丸刈り?

「国際長編映画賞はドライブ・マイ・カー!」アカデミー賞を笠井信輔が大予想!…ハズレたら丸刈り?

Share

「ここまで日本人が楽しめるアカデミー賞は史上初めてです!」エンタメプレゼンターの笠井信輔さんが、2月14日の「くにまるジャパン極」(文化放送)に登場して賞レースを大胆予想。なかでも注目を集める濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」の魅力について徹底解説しました。

笠井「アカデミー賞のノミネート作品が発表されました!ここまで日本人が楽しめるアカデミー賞は史上初めです。」

邦丸「どういうこと?」

笠井「それは濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が4部門もノミネートされたからです。しかも作品賞、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞という主要部門ですよ。日本の映画が作品賞にノミネートされるということは史上初なんです。あの黒澤明監督も作品賞はノミネートされていない。私はもう去年の夏から「濱口竜介監督を日本人は知らなさ過ぎる」「注目しなきゃダメだよ」ってずっと言っていましたが、やっぱりアカデミー賞にノミネートされて大注目されていますね。」

では「ドライブ・マイ・カー」とはどんな作品なのか。そして受賞の可能性は?笠井アナが解説する。

笠井「「ドライブ・マイ・カー」という作品は、西島秀俊さんが演じる妻を亡くした舞台俳優兼演出家が、寡黙な女性ドライバーと出会い、妻を失ってしまった喪失感と共に人間関係が描かれていくっていうお話なんですが、村上春樹さんの短編小説を約3時間の作品に仕上げています。だから脚色賞にノミネートされたのは、短い話を濱口監督と脚本家が一緒になって作り上げ、脚色したことが評価されています。

アカデミー賞の主要4部門にノミネートされた「ドライブ・マイ・カー」は果たして、見事受賞となるのか大胆予想。

笠井「今回のアカデミー賞の大予想として私が断言したいのは、「ドライブ・マイ・カー」は国際長編映画賞、昔の外国映画賞は絶対に取る!取らなかったら丸刈りにします…とかは言いませんよ!」

邦丸(笑)

笠井「私は久米宏さんじゃないから。それに丸刈りにしたってラジオじゃ分かんないしね。とにかく国際長編映画賞は取る!作品賞とか監督賞に関しては、さすがに難しいかなと思いますが、脚色賞は可能性があるんじゃないかと思っています。また今回作品賞は10作品がノミネートされましたが、これは○○と関係しているんですよ。」

邦丸「どういうこと?」

アカデミー賞作品賞の裏話や10作品の見どころが気になる方は、radikoのタイムフリー機能でご確認下さい。

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加