「防災アワー」3月は「レスキューホテル」をご紹介します

「防災アワー」3月は「レスキューホテル」をご紹介します

Share

毎週日曜朝5時5分からお送りしている「防災アワー

3月は平時はホテル、有事には避難施設として速やかに被災地へ出動する
レスキューホテル
㈱デベロップ 菅原淳(すがわら・あつし)副社長にお話しいただきます。

レスキューホテルが生まれたきっかけは「東日本大震災」
震災後まもなく現地に入った岡村健史社長は、避難所の様子を見て
コンテナを利用した宿泊施設を作れないかと感じ、
福島県出身の菅原副社長も
「被災者の方たちに安心できるプライベート空間を作りたい」と
強く思われたそうです。

今や全国の83の自治体と災害協定を結んでいるデベロップ。
災害が起きた時、協定を結んでいる自治体からの要請を受け現地へ赴き
レスキューホテル(コンテナホテル)を設置します。

コロナ禍の今は、さらにニーズが高まっているようです。
感染者の宿泊療養施設として
また、医療施設やDMAT(災害派遣医療チーム)の休憩施設
としても使用されています。
栃木県では臨時の医療施設として126台が出動し
千代田区や三鷹市ではPCR検査施設としても活用。

コンテナ内では、電気や水道も使えます。
部屋の中はどんな様子になっているのか…
詳しくは「防災アワー」お聴きください。

気象予報士 防災士 伊藤佳子







Share

関連記事

この記事の番組情報


防災アワー

防災アワー

日 5:05~5:15

防災をもっと身近に、もっとわかりやすく、生活目線でお届けしている番組です。

ページTOPへ
// 2022.04.28追加