初めて朝のラジオ番組に挑戦するアンガ山根が邦丸アナに質問連発!先輩が贈った魂の言葉とは?

初めて朝のラジオ番組に挑戦するアンガ山根が邦丸アナに質問連発!先輩が贈った魂の言葉とは?

Share

「やっぱり邦丸さんや大沢悠里さんみたいなテンポのほうがいいんですかね?」4月から始まる文化放送の朝ワイド「おとなりさん」で金曜パーソナティを務めるアンガールズの山根良顕さんが、3月28日の「くにまるジャパン極」(文化放送)に登場。いつものゲストコーナーとは逆に先輩である野村邦丸アナに質問を連発しました。

山根「僕、朝のラジオ番組をやるのって初めてなんです。深夜ラジオとかお笑い芸人のラジオ番組はやっているんですけど、朝の時間帯にそういうワチャワチャした番組って自分がリスナーなら聞きたいかなって考えるんですよ。僕は、邦丸さんや大沢悠里さんみたいなテンポのほうがいいなと思うんですけど、変えたほうがいいんですかね?」

野村邦丸アナ「悠里さんはレジェンド中のレジェンドで、若かりし頃から「大沢悠里です(モノマネ)」みたいな大沢悠里節だったよね。」

山根「うまい。」(笑)

邦丸「あれを一回聞いちゃうと「野村邦丸です(大沢悠里さんのモノマネ)」になっちゃう。でもだんだん歳を取るとテンポが落ちるんだよ。だから全然平気。早く喋ろうとしても無理だから。」

山根「そういうもんなんですね。朝のラジオだからこういうふうにしなくちゃとか、あんまり意識しないほうがいいんですか?」

邦丸「俺は「寄り添う」とか「等身大」とかの言葉はあまり好きじゃないんだけど、45歳の山根良顕のプライベートも仕事も全部ないまぜにして、こういう山根が出ちゃいましたっていう感じがいいんじゃない?「アンガールズの山根」っていうより、ラジオパーソナリティで同年代の「山根」が喋っている感じ。」

山根「邦丸さんは、なにを意識してラジオパーソナリティをしているんですか?プライベートのことも話されていますけど、視聴者になにを伝えたいとかありますか?」

邦丸「山根さんはもう感じてると思うけど、ラジオ媒体は「怖い」じゃん。取り繕ったりすると、すぐTwitterに出るじゃん。一番見抜かれるし嘘をついても絶対バレる。「自分がこんなふうに感じたことを他の人はオモシロイと思ってくれるかな?」なんて思うと面白くないから、だったら「山根が面白いと思った」とか、「山根が感動した」とか、「山根が本気で泣いた」とか、そっちの話をしてほしい。」

山根「じゃあ、先輩とかが作った映画を見ても全然泣けなかったら「泣けない!」って話をすればいい?」

邦丸「むしろ泣けない話の方が聞きたい。みんな劇団ひとりの作品はいいって言うけど、どこがいいんだ!?とかね。」

山根「ひとりさんの名前を出したのは僕じゃないですよ!あと朝の番組のニュースなどで、これは反対意見が多そうだけど自分はこう思うってときは炎上覚悟でいくのか「皆さんの意見と近いところもありますよ」って、ちょっと寄せたほうがいいのか、すごく悩むんですよ。」

邦丸「例えばウクライナにロシアが侵攻して、みんながみんな戦争はよくない、ロシア良くないって言うじゃない。だけどこの間、討論番組を聞いていたら、東大の先生が「ウクライナが善、ロシアが悪の勧善懲悪になったときに、その先の世界がすごく怖いです」って話をしていて、俺はこれ言えないな、もうちょっと俯瞰してみなきゃだめだと思って反省した。だから、どこかで救いを求めていたり悩んでいたりする自分を出せばいいと思うんだよね。ここで時間がなくなったので山根さんと一緒に「おとなりさん」に出演する坂口愛美アナ、まとめてくだい。」

坂口「えっ!?急に無茶ブリが来たんですけど。」(笑)

坂口アナの見事なまとめと、邦丸アナが披露した大沢悠里さんのモノマネが気になる方はradikoのタイムフリー機能でご確認下さい。

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加